NANA(顔筋NANAマジックメソッド創始者)- Q&A回答「目の下のクマは消せます★コンシーラーで隠さず根本的な改善法を」 - 専門家プロファイル

NANA
53歳・4人の子の母の美容整形に頼らない若返りメソッド

NANA

ナナ
( 東京都 / 顔筋NANAマジックメソッド創始者 )
プチ整形に頼らない美容法「美エイジレス塾」主宰
サービス:0件
Q&A:3件
コラム:2,187件
写真:3件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

くま隠しのポイント

美容・ファッション イメージコンサルティング 2013/01/28 17:09

若い頃より疲れるとくまが出てしまっていたのですが、30代になっていくら睡眠をとっても常にくまが目立つ状態になってしまいました。
コンシーラーでも隠しきれないほどで、逆にしわが目立ってしまっているように思います。

顔の印象も暗くなりがちで「疲れてる?」とよく聞かれてしまいます。

くまを上手に隠すテクニックについて教えてください。

momocomocoさん ( 東京都 / 女性 / 34歳 )

NANA 専門家

NANA
イメージコンサルタント

35 good

目の下のクマは消せます★コンシーラーで隠さず根本的な改善法を

2013/01/29 11:44

若返り小顔マッサージ法をレッスンで教えています、
「エイジレス美人の作り方」の NANA(47歳)と申します。


目の下のクマは、
気になり始めると本当にそこばかり気になっちゃいますよね。

私も30代後半くらいから
クマが気になり、色々なコンシーラーで隠していましたが、
厚塗りになって余計シワが出来てしまったり
悩みが改善することはありませんでした。

しかし、
マッサージや基礎化粧品などで
もうすぐ48歳の私でもクマがほとんど気にならなくなりました。


■顔と耳のつけ根と首筋と鎖骨と頭皮のマッサージ■

クマ、目の下の窪み、ほうれい線、ブルドック頬、マリオネットライン、二重あごなど
41歳から始めた強めのマッサージで
私は全て改善できました。

強めのマッサージと聞いて
間違った方法でゴシゴシすると
余計に顔をたるませますので注意が必要です。

ですので、
まずは、耳と顔の境目(耳のつけ根)を指の腹で
少し強めに押しながら上下に数回。

そのまま指を耳たぶの裏の下の窪みに持っていき、
窪みを数回指圧する。

耳の下から
指3本を使い指先に力を入れて首筋を通って下へ何度もマッサージ。
指圧に近いくらい結構強めにしています。
(耳たぶの下から鎖骨にぶつかる場所まで)

鎖骨の上の窪みに指を少し入れ込む感じで
鎖骨上外側から中央へマッサージ。

鎖骨の下も強めに外側から中央へ向かってマッサージ。


そのあとに、
少し軽い力で良いので
お顔と頭皮全体も上へ上へとマッサージしてあげてください。
(シワが出来ないように注意しながら)

そうすることで
循環がよくなり、クマが改善したり顔のくすみが取れる人も多くいます。
(個人差はあります)




■目の周りの骨のキワを指圧■

目の周りの骨のふちに少し指先をひっかけるように
キワを指圧します。

目の上部分は、親指などで上の骨へ引っかけて上へ少し上げるように指圧。
目の下部分は、下の骨にひっかけて気持ち下へクイッと押す感じで。


目を一周、1cmくらいずつ横にずらしながら
1か所10~20秒くらいずつ。

目の周りには たくさんツボがあるので、
ツボ押しすることで血行や循環がよくなります。


クマは消すことができるので
「消えるんだ♪私なら消せちゃうわ♪」と
楽しみながらお手入れしてあげてくださいね。

補足

クマは、
血流不良や栄養不足、寝不足、ストレスも原因となります。
そして、日々使う基礎化粧品の見直しも大切です。

●肌の奥へとちゃんと美容成分が浸透する化粧品(目元美容液)●

化粧品ジプシーだった私ですが、
40歳くらいから真皮層まで浸透する化粧品に出会い6年愛用、
その目元美容液とクリームなどで小じわが早くに改善しました。

浸透する化粧水で10分くらいコットンパックし、
その後にクリームで保湿するのもおすすめです。

(私の美容ブログ「エイジレス美人の作り方」)


顔や首筋のマッサージ法は、
文字だけですとやはりお伝えするのに限界があります。


グループレッスンや個人レッスンではマッサージ法をご伝授していますので
ご興味ありましたらお問合せくださいね☆

プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム写真