中村勝己(建築家)- Q&A回答「設計の工夫次第で細長い土地でも快適な家が出来ます。」 - 専門家プロファイル

中村勝己
目指すは大らかでゆったりと過ごせる気持ちのいい空間の家

中村勝己

ナカムラカツミ
( 広島県 / 建築家 )
中村勝己建築設計事務所 
Q&A回答への評価:
4.8/6件
サービス:0件
Q&A:13件
コラム:784件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
082-276-1241
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

間口8.9m奥行27mと80坪ありますが狭いです。

住宅・不動産 住宅設計・構造 2017/08/20 23:39

考えている土地が、南北共に道路に面した土地で間口が狭く細長いのですが、
南側を自宅玄関、北側に主人のアトリエ兼教室の入り口と南北それぞれに駐車場を作りたいと考えています。
中庭も作りたいしと夢ばかりなのですが、平家作りのような二階建て・・・
ベランダも欲しいけど、これからは、年を取るばかりなので生活スペースは、完全に一階にしたい私です。
洗濯も一階に干したいと考えますが、狭い・・・家は、瓦の木造を考えています。
良いアイデアがあればアドバイスをよろしくお願いします。

ちゃめさん ( 広島県 / 女性 / 56歳 )

設計の工夫次第で細長い土地でも快適な家が出来ます。

2017/08/22 14:32
( 5 .0)

敷地条件の間口約9m奥行27m、面積80坪とあります。
敷地として細長い土地で条件が良くないように思われているようですが
敷地面積が80坪ありますので設計の工夫で光あふれる風通しの良い家が出来ます。
おまけに南北が道路に面している好条件の土地に思われます。
両道路面に駐車場を設けアトリエ部分と住居部分をそれぞれ独立して作ることも可能ですね。
住居とアトリエは完全に独立するのではなく部分的に繋げるとプライベートとパブリックの
区別がつきより暮しやすくなるのではないでしょうか。
中庭も出来れば住居部分とアトリエ部分にそれぞれ設けて2つの中庭によって
採光や通風を確保することも出来るでしょう。
法規的な条件や地域の情報がありませんので簡単なアドバイスになりますが、
私の事務所は広島ですので詳しくご相談にのれますので宜しければご連絡下さい。
広島と東京で細長い土地の住宅の実例もあります。
女性のスタッフもあります、お気軽にどうぞ。

中村勝己
中村勝己建築設計事務所
info@nakakatu.com
http://nakakatu.com

評価・お礼

ちゃめ さん

2017/08/22 19:09

アドバイスをありがとうございました。
まだ、この土地は、決めかねているのですが
夢は、広がっていきます。
アドバイスの中身が、オシャレですね。笑
二つの中庭!?採光や通風を確保・・・・
設計士さんの腕の見せ所なんでしょうね。
主人と私は、昔人間なのでしょうか発想が古臭くて。。。
息子達にもよく言われます。
金額事も検討課題なので、しっかりと考えてみますね。
ありがとうございました。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム