守屋 啓吾(歯科医師)- Q&A回答「神経の処置」 - 専門家プロファイル

守屋 啓吾
インプラント、矯正の治療経験20年以上。難症例の実績多数あり

守屋 啓吾

モリヤ ケイゴ
( 歯科医師 )
医療法人社団東風会 
Q&A回答への評価:
5.0/2件
サービス:0件
Q&A:4件
コラム:10件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
086-446-6400
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

差し歯と神経処置について

心と体・医療健康 一般歯科・歯の治療 2009/06/01 23:10

先日前歯の一本が半分かけ差し歯をいれようかと思っているのですが、神経を抜かずに差し歯にすることはできるのでしょうか?
神経をぬかずにできる場合、後に痛みがでできた場合に神経を除去することで考えられる不利な要素はございますでしょうか?
神経をぬくと歯がもろくなりやすいとのことなので、不利なことがないのであれば、神経を抜かずに差し歯をいれ、後に不都合を感じるようであれば、その時点で処置をしようかと考えております。
歯医者にて聞いたところ神経をぬかないでもできるけど、後々痛みがでる可能性があることと、神経を抜く方向をすすめられるので、質問させていただきました。
よろしくお願いします。

siniti3866さん ( 大阪府 / 男性 / 34歳 )

神経の処置

2009/06/02 09:40
( 5 .0)

医療法人東風会、守屋です。

歯が半分欠けて差し歯を勧められているけれど、神経を取るかどうかで悩んでおられるとのことですね。
程度にもよりますが半分ほど残っていれば神経を取らずにかぶせをすることは可能です。
削除量が少なくて済むAGCクラウンやサンライズセラミックを使えば後々のトラブルを最小限にすることができます。
神経を取るとどうしても歯はもろくなるのでできるだけ残した方がいいとは思います。
ただ欠け方によっては後々神経が死んで根の治療が必要になる可能性は残ります。この際はかぶせを外しての再治療または裏側から穴をあけてそこから神経の治療をすることになります。
メリットデメリットを聞いた上で主治医の先生とよく話し合って決められたらいいと思います。

評価・お礼

siniti3866 さん

昨日診断していただいた先生はあまり説明がなく、不安がありこの場所で質問
させていただのですが、アドバイスいただきどうもありがとうございます。
神経を抜かない場合の不安要素がわからずに決断するのが怖かったのですが、先生のアドバイス
を読ませていただき前向きに考えることができそうです。
今日別の歯医者に行き先生に相談したところ、神経を処置したほうが無難である説明をうけました。
手間はかかるが一度神経を抜かずに仮歯の状態で様子をみる選択肢の説明もうけました。
後々症状がでて神経処置が必要になる可能性と、維持力がおちることを考えると、神経処置をしたほうがよいのかなと思いました。
また質問させていただくことがあるかもしれませんがよろしくおねがいします。
本当にありがとうございました!

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム