森 滋昭(公認会計士・税理士)- コラム「小規模事業者持続化補助金」 - 専門家プロファイル

森 滋昭
会社設立・創業融資をサポート

森 滋昭

モリ シゲアキ
( 東京都 / 公認会計士・税理士 )
森公認会計士事務所 公認会計士・税理士
Q&A回答への評価:
4.9/7件
サービス:1件
Q&A:23件
コラム:135件
写真:1件
お気軽にお問い合わせください
03-6722-0960
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

小規模事業者持続化補助金

- good

新型コロナウィルス関連 補助金(販路開拓) 2020-06-10 17:00




「小規模事業者持続化補助金」は、以前からある人気の補助金です。

なお、5月1日から開始された「持続化給付金」と名前が似ているために混同される方もいるようです。

小規模事業者持続化補助金

現在、小規模事業者持続化補助金には、3種類あります。



1)令和元年度補正予算 小規模事業者持続化補助金<一般型>

https://r1.jizokukahojokin.info/


2) 令和2年度補正予算 小規模事業者持続化補助金 <コロナ特別対応型>

https://r2.jizokukahojokin.info/corona/


3)令和元年度 被災小規模事業者再建事業

「持続化補助金台風19号、20号及び21号型」

https://www.chusho.meti.go.jp/keiei/shokibo/2020/200401jizoku.html



新型コロナ関連の補助金の一つとして、2)の「コロナ特別対応型」がよく紹介されています。

しかし、使い勝手が良いのは、1)の「一般型」です。

3)は、昨年の台風で被害に合われた方のための制度のため、割愛します。

次に、なにが違うのか、見てみます。



2.一般型
1)対象

一般型は、どの業種・企業でも販路開拓のための施策であれば対象となります。

つまり、どんなビジネスの広告費用等でも対象です。

なお、新型コロナにより売上が10%減少している等の影響があると採択されやすくなります。


2)補助額

上限50万円で、補助率は2/3



3.コロナ特別対応型
1)対象

コロナ特別対応型は、

・サプライチェーンの毀損への対応

・非対面型ビジネスモデルへの転換

・テレワーク環境の整備

などの取り組みが対象となります。


2)補助額

上限100万円で、補助率は2/3

こちらのほうが、上限が大きいので、うまく要件に合致すれば、こちらのほうがいいですね。



4.受付期限

次回の受付は、10月2日となっています。




お問い合わせ・無料相談のお申し込みはこちらから

当事務所は、日本政策金融公庫をはじめとした多数の金融機関での融資申請のサポート実績がございます。
最適な融資制度のご紹介や準備のサポート、そもそもの資金繰りについて是非一度ご相談ください。

初回のご相談は無料で承っております。

※日本政策金融公庫の相談窓口とは異なります

カテゴリ 「新型コロナウィルス関連」のコラム

事業再開パッケージ(2020/06/11 17:06)

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真