三竹 忍(建築家)- Q&A回答「無垢材か集成材か選ぶポイント」 - 専門家プロファイル

三竹 忍
ライフスタイルをデザインにする、感動と永く愛される家づくり

三竹 忍

ミタケ シノブ
( 建築家 )
M設計工房 主催
Q&A回答への評価:
4.7/30件
サービス:0件
Q&A:43件
コラム:80件
写真:2件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

土台・柱の材質と床暖房

住宅・不動産 住宅設計・構造 2013/03/21 20:20

新築で、土台の材質と柱の材質と床暖房で迷っています。

・土台・柱の材質
元々の材質
土台…米栂(防腐防蟻加圧注入(ACQ)したものを加工して使用)
通し柱…RW集成材
管柱…WW集成材

ネットで調べると集成材の評判が良くなかった為、工務店に材質の変更をお願いしたところ、

土台・・・国産檜 芯材
通し柱、管柱・・・国産檜 芯持ちKD材

土台は差額無し、通し柱と管柱を檜に変更すると約23万円UP(胴縁含む)
工務店いわく、柱に使用する檜はヤング係数がE90で、RW集成材はヤング係数がE95なので、通し柱、管柱を全てRW集成材でやられてはとのこと。RW集成材に全て変更する場合は、約2~3万UPです。

この場合、土台は檜と米栂の加圧注入したものと、柱は檜とRW集成材とどちらを使用すべきでしょうか?
私としては、檜の方が良いのなら23万UPでも構わないと思っています。

・床暖房
16.5畳のLDKにLD部分に6畳の電気式床暖房とキッチンに1畳の床暖房を設置する予定です。
あと16.5畳のLDKの横に扉で仕切る6畳の洋室がありますが、6畳の洋室に2畳の床暖房の予定です。
電気式一体型(電熱線式床暖房)を工務店さんから勧められています。
昼は働いていてほとんど家にいないので、朝晩に使用するからだと思います。
片流れの屋根で2階には、小さな部屋があり吹き抜けになっています。(全体に天井が低い家です。)
電気式の床暖房で部屋全体暖かくなりますでしょうか?
床暖房以外で暖かくなる方法はありますでしょうか?

何を選んでよいかわかりません。
宜しくお願いします。

agapiiさん ( 静岡県 / 女性 / 43歳 )

無垢材か集成材か選ぶポイント

2013/03/22 12:37
( 5 .0)

agapiiさん

初めまして、M設計工房の三竹忍と申します。

家づくりは、悩むことが多く大変のことと思います。

まず、無垢材か集成材かと言うことですが、
選ぶポイントは、人それぞれです。

無垢材は、無垢へのこだわりや、アレルギーのある人などが選ばれます。

集成材は強度が明確ですので、安定した構造とすることができます。
また、檜などに比べてコストが低く抑えられるのも選ぶポイントです。

柱は、壁を張り、見えなくなってしまうので、
構造的に安全安心で、コスト的に抑えられるのであるなら、
集成材でも良いと考えています。
予算的に無垢材が使用できる場合は、無垢を使用させて頂くきますが。
また、集成材を魅せるデザインにすることも設計手法の一つと考えています。

agapiiさんの選ぶポイントが、あると思います。
やっぱり檜の家と感じているのでしたら、檜の土台、柱を使用されたほうが、
良いのではないでしょうか。


床暖房については、
電気式(電熱線式床暖房)は暖かいです。
補助暖房として、エアコンが設けてあればいいと思います。

電熱線式床暖房は、導入時のコストが温水式にくらべて安くなります。
ランニングコストは、設置面積により、少し高くなりますが、
生活スタイルやオール電化・太陽光発電など
ご自分達のエネルギー使用をご検討されてみると良いと思います。

工務店さんとじっくり話し合って良い家をつくってください。


参考になれば幸いです。
良い家になりますように。


M設計工房 三竹忍

評価・お礼

agapii さん

2013/03/22 13:23

早速の回答ありがとうございます。集成材でも大丈夫なんですね!
ネットでの集成材の口コミを見るとあまり良い事が書いてないので、心配になってしまいました。
集成材でも40年くらい持ちますでしょうか?
電気式でも部屋が暖かくなるんですね!

参考にさせていただきます。

三竹 忍

2013/03/22 14:13

agapiiさん

こんにちは。
評価ありがとうございます。

木材は、水や湿気に弱いですので、修繕やメンテナンスを定期的にして頂き、
結露や雨漏りなどに気をつけるようにして頂けると永く住むことができます。

素敵な家になりますように

M設計工房 三竹忍

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム写真