三島木 英雄(ファイナンシャルプランナー)- コラム「低金利も方向性は「上昇局面」に」 - 専門家プロファイル

三島木 英雄
理想のライフスタイルを現実化するファイナンシャルプランナー

三島木 英雄

ミシマギ ヒデオ
( 神奈川県 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社FPリサーチパートナーズ 代表取締役
Q&A回答への評価:
4.7/115件
サービス:4件
Q&A:176件
コラム:57件
写真:4件
お気軽にお問い合わせください
044-814-3553
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼
詳しくはこちらから(※外部サイトへのリンクです)
会社HP

低金利も方向性は「上昇局面」に

- good

住宅 住宅ローン 2016-12-13 14:25

金利低下も底打ち

2016年、マイナス金利政策も導入され金利は下がり続けていましたが

ようやく底打ちをした感じです。すぐに急上昇という感じではありませんが

大きな方向性としては上昇局面に入ったと考えられます。


図は2016年の日本国債の金利です。

差がわかりやすい「1年、5年、10年、30年」で比較していますが

年初は金利の差が大きかったのですが徐々に金利の差が無くなっていきました。




通常は長いほど金利が高い

景気の先行きが良ければ長い期間の金利が高くなります。

景気が良くなるから金利も上がるという感じです。

ですので通常の金利は

1年<5年<10年<30年 となります。


年初から夏までは全ての金利も下落しており、5年の金利が1年の金利を下回る状態

「先行き景気が良くない」イメージの金利差でした。


しかし8月以降に5年ものの金利は1年ものを上回り正常な方向へ向かっています。



10年国債がプラス圏に

やっと正常な状態に戻ってきた金利は

11月中盤に10年国債の金利もマイナスからプラスに転じ、長期金利が上昇を開始しています。

とはいえ10年国債の金利は「0.07%」でローンを組む人にとって低金利は変わりありません。



今後は変動ではなく固定も・・・

今まではリスクを考え固定金利でローンを組んでいた人たちは

得をしなかった時期です。(金利が下がり続けたため)


ただ、金利の下落局面は終わった感じが金利差からも見受けられますので

今後ローンを組む場合はリスク管理のため固定金利も合わせて検討していく必要があると考えます。


カテゴリ 「住宅」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 ライフプランコンサルティング(家計診断)

■お金の将来予測を行い「将来不安を解消!」見えてくる課題点・問題点を解決しませんか!?

料金
9,000円

変化がで始めた日本経済、老後の年金はもらえるの?自分の将来は大丈夫・・・?
何となく先行き不透明な時代に漠然とした不安を抱えていませんか?
漠然とした不安はあるけれど何をしたら良いのかわからない、資産運用に興味は
あるけれど投資にリスクはつきもの。
お金の基礎を学んであなたの不安をひとつずつ解決してみませんか?
これからの時代に是非、オリジナルのライフプランを一緒にみていきましょう!

ライフプランコンサルティング(家計診断)
プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真