三島木 英雄(ファイナンシャルプランナー)- コラム「簡単に知る、日本の年金」 - 専門家プロファイル

三島木 英雄
理想のライフスタイルを現実化するファイナンシャルプランナー

三島木 英雄

ミシマギ ヒデオ
( 神奈川県 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社FPリサーチパートナーズ 代表取締役
Q&A回答への評価:
4.7/115件
サービス:4件
Q&A:176件
コラム:57件
写真:4件
お気軽にお問い合わせください
044-814-3553
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼
詳しくはこちらから(※外部サイトへのリンクです)
会社HP

簡単に知る、日本の年金

- good

年金 公的年金 2015-07-07 12:55

老後資金は見えにくい先の話で多くの方が不安を持つものです。

ある程度の心構えとそれに対する対策を講じる為には

生活のベースとなる「日本の年金」を簡単に状況把握しておくと良いでしょう。


日本の人口推移




上図は日本の人口推移ですが、

65歳以上の人の割合である「高齢化率」と

15歳~64歳の現役世代である「生産年齢人口」の割合が重要です。


2015年は高齢化率26.8%、生産年齢人口割合60.7%ですが

2035年には高齢化率37.7%、生産年齢人口割合52.4%の予測となっています。


高齢者が増え続け、現役世代が減り続ける状況です。


年金扶養率



人口の構成が大きく変化していることにより

1人の老人を支える指標の年金扶養率は年々下がっています。

以前は7人~12人で1人の老人を支えていましたが

現在約2.3人であり、将来的に悪化していく見通しです。



諸外国は67歳、日本の年金は問題ない?


このまま、現在の年金制度を維持できるか?は非常に難しい問題で

諸外国を見ると

・年金支給年齢の引き上げ

・増税

は避けられないと推測されます。



65歳以上の高齢化率が日本より低い国でも

67歳へ移行している最中です。


日本がまだ支給年齢の引き上げに着手できないのは、

景気回復が最優先課題となっていること、複雑な年金制度を整理している最中であるからと言えます。


増税可能性は




社会保険料、税金関連の合計を「国民負担率」と言いますが

日本は諸外国と比較し、やや低い水準です。


緑の所が税金ですが「消費税」「所得税」に関しては今後

増加する可能性があるように見ることができます。


まとめ


諸外国と必ず同じ道をたどる訳ではありませんが

少なくとも参考にされていく可能性は高いと考えられます。

事前にできる対策は将来の年金を

「67歳からなどで保守的に」見積もる、

増税、社会保険料の上昇などを踏まえ、「手取りが減少する」と見積もることで

不足分に対して、今から備えていくことであるかも知れません。






カテゴリ 「年金」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 しっかり解る!確定拠出年金の「制度・運用レッスン」

~投資のリスクをしっかりと理解、確定拠出年金の制度をしっかり使いきろう~

料金
3,000円

企業の導入が加速する「確定拠出年金」
年金は現在65歳からの支給ですが、今後は67歳、68歳に延びる可能性も示唆
され始めており、企業も「退職金」を「確定拠出年金」へという流れです。

メリットである「運用」をしっかりと使うことで年金を増やすことも可能です。
しかし投資の要素が必要不可欠なのも事実です。掛け金に働いてもらい自分の
年金を方法を学んでみませんか?

しっかり解る!確定拠出年金の「制度・運用レッスン」
プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真