田村 祐子(きものコンシエルジュ/きもの講師)- コラム「夏きものたち」 - 専門家プロファイル

田村 祐子
知的でモダンな着付けをご一緒に学びましょう。

田村 祐子

タムラ ユウコ
( 東京都 / きものコンシエルジュ/きもの講師 )
白金台きもの学院 まゆの会 代表
Q&A回答への評価:
4.8/6件
サービス:0件
Q&A:13件
コラム:9件
写真:49件
お気軽にお問い合わせください
090-1259-9399
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

夏きものたち

- good

季節のきもの 夏のきもの 2013-08-24 06:00
夏きもののお稽古も8月いっぱいで終わり。
9月からは単衣のきものになります。
 
今日の生徒さんは夏大島。
 
ウスバカゲロウの羽のように、薄くて繊細な夏大島は、大変涼し気。
絣のトンボは代表的な夏の柄の一つです。
 
このような具象柄のきものには、それを邪魔しない柄の帯を。
 
ここでは地あきの多い抽象柄の帯を合わせて、きものの柄を引き立てています。
無地の上布の帯などと合わせてもモダンな着こなしになるでしょう。
その場合は、ガラスの蜻蛉玉の帯留めなどをワンポイントに持ってくるのもお洒落ですね。
 
トンボの柄に蜻蛉玉。
ストーリーを作って着るのも、きものの楽しみ方の一つです。
 
小物は、きものの絣のブルーを帯揚げに、そのブルーと相性の良い白味がかった薄いグリーンを帯締めに持って来て寒色系で全体をまとめ、こちらも涼しさを演出しています。
 
夏にきものは暑いのでは?
と思われる方もいるかもしれませんが、きものは案外襟や袖口のあきから風が通り苦になりません。
 
逆に暑い時にきものを着ていると、
「涼しげですね!」
と言われる場合が多いのですよ。
 
何を着ていても暑いのです。
 
せめて涼感を分かち合って夏を涼しく過ごしましょう。
 
写真:夏きものたち
 
 
 
 
 
 
 

カテゴリ 「季節のきもの」のコラム

夏の終わりの越後上布(2013/08/21 02:08)

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム写真