松島 康生(危機管理/BCP/防災計画コンサルタント)- Q&A回答「これまでの経験に惑わされないように!」 - 専門家プロファイル

松島 康生
その場所は地震や台風・集中豪雨時、本当に安全と言い切れますか

松島 康生

マツシマ ヤスオ
( 埼玉県 / 危機管理/BCP/防災計画コンサルタント )
災害リスク評価研究所 代表(災害リスクアドバイザー)
Q&A回答への評価:
5.0/8件
サービス:3件
Q&A:13件
コラム:42件
写真:131件
お気軽にお問い合わせください
050-1042-2676
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼
災害リスク評価研究所(※外部サイトへのリンクです)
コチラへ

最近の大雨と台風

人生・ライフスタイル 防災 2013/08/01 12:21

最近首都圏ではゲリラ豪雨がかなり問題となっています。
この勢いで台風まで来ると首都圏機能が麻痺してしまうのではないかと思い
とても心配です。

台風に備えて首都圏で出来る事ってどのような事がありますでしょうか?
漠然と不安になってしまいます。
抽象的な内容ですみませんが、何かアドバイスがありましたらよろしくお願いします。

hyohyoさん ( 埼玉県 / 男性 / 30歳 )

松島 康生 専門家

松島 康生
防災アドバイザー

16 good

これまでの経験に惑わされないように!

2013/08/01 18:40

「災害リスク評価研究所」災害リスクアドバイザーの松島です。

コチラでは資料となる画像添付に限りがあるため、下記リンクに詳細をご用意しましたので参考にして下さい。
http://www.saigairisk.com/527.html


近年と過去の雨量データを較べると、いずれも観測史上最多の記録を更新している状況にあります(下記画像参照)。 集中豪雨を経験されたご年配者の方々がそろって口にしているのが「経験したことがない豪雨だった」ということでした。


首都圏における集中豪雨は、地球温暖化および都市のヒートアイランド化に起因するといわれる局地的な集中豪雨の発生や都市のコンクリート化に伴う雨水浸透量の減少により、雨水流出量が増大しています。

河川堤防の越水や破堤のような「外水氾濫(がいすいはんらん)」とは異なり、下水の処理能力を超える雨水が市街地へと流れ込む都市型水害と呼ばれる「内水氾濫(ないすいはんらん)」の危険性が高くなっています。

※参照:洪水・浸水時に気をつけたい場所
※参照:40秒でわかる浸水・洪水など「水害時のチェックポイント 」

http://www.youtube.com/watch?v=AvXwZUxohRs


■首都圏で予想されるリスク

〇地下への浸水
1999年6月、2003年7月の福岡水害。1999年7月の新宿での地下室への浸水。2000年の東海豪雨での地下鉄浸水。2004年9月の渋谷の地下店舗が浸水。これらの事例があげられます。

〇鉄道や高架下などアンダーパス道(トンネル道)
首都圏に限らないのですが、高架下などアンダーパス道(トンネル道)の排水が追いつかずに浸水しているケースが多々あります。

〇マンホールなどからの逆流現象


■洪水ハザードマップや内水氾濫マップを参考にしましょう。
下記のリンクにて要点まとめています。

「◆洪水ハザードマップの賢い使い方」
「◆洪水ハザードマップの落とし穴(注意点)」
「◆洪水が発生する前(予防対策)」
「◆洪水が発生したら(応急対策)」

http://www.saigairisk.com/113.html


なお、「ゲリラ豪雨」はウェザーニューズが作り出した造語で、意味合いは気象庁で言う「集中豪雨」と同じです。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真