小川 正毅(音楽家・プロデューサー)- コラム「文化庁の事業を利用して“風の五重奏団”の演奏を楽しむ方法【第9回】」 - 専門家プロファイル

小川 正毅
“風の五重奏団”(木管五重奏)のコンサートをプロデュース!

小川 正毅

オガワ マサキ
( 東京都 / 音楽家・プロデューサー )
ありのみ株式会社 代表取締役 ホルン奏者・音楽プロデューサー
サービス:5件
Q&A:0件
コラム:116件
写真:65件
お気軽にお問い合わせください
090-9306-2356
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

文化庁の事業を利用して“風の五重奏団”の演奏を楽しむ方法【第9回】

- good

文化庁:芸術家派遣事業 2020-04-11 23:02

~小学校・中学校・高校・特別支援学校の「やる気」がある先生方向け~

「文化庁の事業を利用して、お金をかけずに音楽室で“風の五重奏団”(プロの木管五重奏団)の演奏を楽しむ方法」

第9回:(3)どういう人たちが来るの?

今回は“風の五重奏団”の参加している音楽家は、どんな人たちか、というお話をお届けします。

“風の五重奏団”のプロフィールは、第5回でも少しご紹介いたしましたが、
こちらにも詳細がありますので、必要に応じてご覧いただければ幸いです。

http://arinomi.jp/kaze5.html

“風の五重奏団”に参加している演奏家は、音楽大学を卒業後、演奏してお金をいただいて生活している
「プロの奏者」たちで、同じオーケストラなどで長く一緒に演奏してきた仲間たちで構成されているのが
特徴と言えます。

音楽大学は国内外にたくさんありますが、国立(くにたち)音楽大学、洗足学園音楽大学、
桐朋学園大学、東京音楽大学、東京藝術大学等の他、ドイツやフランスなど、
海外の音楽大学で学んだ者もいます。

仕事の中身としては、オーケストラの団員をしている者、吹奏楽団の団員をしている者、
音楽大学等の先生をしている者、フリーランスの演奏家などがいて、
国内外の音楽祭に出演したり、プロオーケストラの伴奏で協奏曲を演奏した経験のある者が
多く含まれています。
また“風の五重奏団”は、フォルジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭(2017年・新潟市)に
出演しています。

しかし現在“風の五重奏団”は、年に150回以上の公演を行っています。
それぞれが様々な音楽活動をしていますので、上記ページで紹介している、
CDに参加しているメンバーだけでは、全ての公演を行うことは不可能です。
したがって、どのパートも“風の五重奏団”のプログラムを演奏できる演奏家が複数人いて、
交代で出演しています。

第5回でも少し書いていますが、最初はエキストラとして参加してくれた演奏家が、
自分の団体を立ち上げて活躍を始めている例もあり、逆に小川もこちらの団体に参加することもあります。

以下、2019年シーズンに出演した主な奏者です。(※)はCD収録メンバーです。

フルート:丸田悠太(※)
国立音楽大学卒業。東京ニューシティ管弦楽団を経て、東京佼成ウインドオーケストラ団員、昭和音楽大学、洗足学園音楽大学講師。ブログ http://blog.livedoor.jp/fuefuki_yuta/

フルート:渡辺暁男
東京音楽大学卒業。第53回日本音楽コンクール入選、第2回日本フルートコンベンションコンクール入賞。日本ニューフィルハーモニック管弦楽団メンバー。

フルート:黒田聰
東京藝術大学、シュトゥットガルト国立芸術大学卒業。全日本学生音楽コンクール東京大会奨励賞。ムラマツレッスンセンター講師。森の五重奏団メンバー。

オーボエ:池田祐子(※)
洗足学園音楽大学卒業。国際芸術連盟コンクール室内楽部門優秀賞。ロイヤルチェンバーオーケストラ首席奏者を経て東京ニューシティ管弦楽団団員。

オーボエ:井上恵子
東京藝術大学卒業。
日本音楽高等学校、茨城県立取手松陽高等学校音楽科非常勤講師、風の合奏団メンバー。

オーボエ:桜田昌子
東京藝術大学、ロストック音楽芸術大学卒業。インスブルックシンフォニーオーケストラを経てみたかジュニア・オーケストラ講師、風の合奏団メンバー。

クラリネット:西尾郁子(※)
桐朋学園大学、
パリ市立12区ポール・デュカス音楽院卒業。第6回日本管打楽器コンクール入選。ロイヤルチェンバーオーケストラ首席奏者を経て、東京ニューシティ管弦楽団首席奏者。

クラリネット:瀧田奈々子
武蔵野音楽大学卒業。全日本ソリストコンテスト室内楽部門優秀賞。陸上自衛隊中部方面音楽隊を経てスペシオーザ★アンサンブル、風の合奏団メンバー。

クラリネット:大藤豪一郎
洗足学園音楽大学卒業。日墺文化協会オーディション合格、奨励賞。森の五重奏団プロデューサー。

ファゴット:藤田旬(※)
東京音楽大学卒業。山形交響楽団、リューネブルグ市立歌劇場管弦楽団を経て、トウキョウ・ミタカ ・フィルハーモニアメンバー。東京ニューシティ管弦楽団団員、みたかジュニア・オーケストラ講師、(一財)地域創造「公共ホール音楽活性化支援事業」協力アーティスト。

ファゴット:前田正志
東京藝術大学別科修了。航空自衛隊中央音楽隊、東京藝術大学管弦楽研究部講師、東宝オーケストラを経てフリー。ソロアルバム「ワンダフルファゴット」リリース。

ファゴット:森田一途美
東京音楽大学卒業、東京音楽大学大学院音楽研究科修士課程修了。桐朋学園大学嘱託演奏員、洗足学園大学演奏員を経て風の合奏団メンバー。

ホルン:小川正毅(※)
東京藝術大学卒業。山形交響楽団、東京ニューシティ管弦楽団、劇団四季ミュージカルオーケストラを経て、スペシオーザ★アンサンブル、トウキョウ・ミタカ ・フィルハーモニアメンバー。みたかジュニア・オーケストラ副指揮者、(一財)地域創造「公共ホール音楽活性化支援事業」協力アーティスト。風の五重奏団、風の合奏団プロデューサー。専門家プロファイル https://profile.ne.jp/pf/masaki-ogawa/


音楽の仕事には、本当に色々な種類があります。
この件について小川が書いた文章がこちらにありますので、よろしければご覧ください。

http://arinomi.jp/ogawa.html#anchorogawamusic

それから、この原稿を書いているホルン奏者小川正毅については、こちら

http://arinomi.jp/ogawa.html

に、詳しいプロフィールがあります。

次回は(3)どうやって申し込むの? です。

(つづく)

※この記事は以下の内容で「専門家プロファイル」にコラムとして掲載し、
ありのみ株式会社のブログにも同じ内容で投稿しています。

第1回:はじめに

第2回:(1)本当に費用がかからないの?

第3回:(2)どういう内容なの?~その1~(日程や時間設定、公演回数、会場、対象学年、保護者の参加などについて)

第4回:(2)どういう内容なの?~その2~(演奏曲目などについて)

第5回:(2)どういう内容なの?~その3~(なぜ豊富なレパートリーが準備できるのか)

第6回:(2)どういう内容なの?~その4~(「カノン」以外の共演曲について)

第7回:(2)どういう内容なの?~その5~(投影のシステムについて)

第8回:(2)どういう内容なの?~その6~(おまけ:拍手のお話)

第9回:(3)どういう人たちが来るの?(今日はここ)

第10回:(4)どうやって申し込むの?~その1~「対象・募集時期と実施時期・書類の提出先と提出方法」

第11回:(4)どうやって申し込むの?~その2~「様式2」と「様式3」

第12回:(4)どうやって申し込むの?~その3~「様式4」と「様式5」と「様式6」

第13回:(5)申し込んだあとはどういう手順になるの?

第14回:(6)本当に大変なことはないの?

第15回:(7)それで、まずはどうしたらいいの?

第16回:(8)その他

第17回:あとがき



https://profile.ne.jp/pf/masaki-ogawa/

上記ページの「この専門家に相談する」からご質問、ご意見等をお寄せいただけます。
(2020年4月11日up 4月22日・5月25日・5月28日更新 執筆:小川正毅

プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスコラム写真