酒井 正人(建築家)- Q&A回答「分離発注方式について」 - 専門家プロファイル

酒井 正人
住む人の手が触れる場所から、建物へ、街へと心地良さを拡げたい

酒井 正人

サカイ マサト
( 東京都 / 建築家 )
サカイデザインネットワーク有限会社 
Q&A回答への評価:
4.8/58件
サービス:1件
Q&A:155件
コラム:289件
写真:10件
お気軽にお問い合わせください
03-6379-4831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼
専門家への資料の請求は、こちらからお問い合わせください。
資料の請求

分離発注のメリット・デメリットについて

住宅・不動産 住宅設計・構造 2010/02/12 01:43

はじめまして。
マイホームを検討しているのですが、分離発注方式という手法に興味を持っています。下請け業者が発生しないということで、いわゆる中間マージンを圧縮できるので、コスト削減になるようですので、非常に施主側からすればメリットが大きいので、もっと普及していても良さそうな気がするのですが、私の周辺では誰も知りません。
あまり普及していない方法なのでしょうか?普及しないということになると、なにかしらデメリットがあるのかとも考えます。そこで、数点お尋ねしますが、分離発注方式のメリット・デメリットを教えてください。
2点目として、建築家や地元の工務店などに建築をお願いした場合、分離発注方式をお願いすれば、どなたでも対応できるものなのでしょうか?3点目、マイホーム作りには多額の借入金が発生しますが、分離発注方式の場合でも、金融機関から融資してもらえるのでしょうか?
以上、3点ほど教えてください。よろしくお願いします。

磯科さん ( 山口県 / 男性 / 37歳 )

分離発注方式について

2010/02/13 17:03
( 5 .0)

こんにちは。 サカイデザインネットワークの酒井です。

私共では10年以上前から「分離発注方式での住まいづくり」を積極的にとり入れてきました。 日本の建築コストは非常に高い(人件費や経費が高いのです・・)ため、上質な材料を使いコストを抑える一つの手法としてたいへん有効な建築方式と言えます。

ただし、住宅規模の建築で分離発注方式を行う場合、基本的には設計を担当する設計事務所にその経験と全体のマネジメント能力、資材の調達能力等が必要になります。

メリットは、簡単に言えば、工事を直接担当する所に依頼する(営業部門を通さない)、資材は供給元から直接仕入れるなどでローコスト化と経費が大幅にコストダウンできること、そして工事をする業者さんは、すべてが元請けとなり常にお客様の顔が見えている状況で仕事をされるため下請け感覚の工事がなくなり責任感が増すという状況もあります。

デメリットは、工事見積りや業者さん決定にコストの検証をするための時間を余分に必要とすること、契約書が複数枚になること、お支払い先が複数になること、等でしょうか。
私共が過去に経験している中では、施工や保証という部分においてもデメリットはほとんど感じません。

コラムでも連載で分離発注方式んついて書いておりますので、ご興味ありましたらぜひご覧下さい。⇒ローコストを実現する分離発注方式とは

今後のご計画で参考になりましたら幸いです。

評価・お礼

磯科 さん

ご回答ありがとうございます。
酒井さんのコラムも拝見させて頂きました。
メリットが大きいこともよくわかりました。
しかし、最大のネックは、分離発注方式を引き受けて頂ける工務店または建築家の方と出会えることだと結論づけています。縁を求めて今しばらく検討してみます。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真