大澤 眞知子(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)- コラム「科学に基づいた心理学から」(5ページ目) - 専門家プロファイル

大澤 眞知子
カナダにいらっしゃい!

大澤 眞知子

オオサワ マチコ
( カナダ留学・クリティカルシンキング専門家 )
Super World Club 代表
サービス:1件
Q&A:114件
コラム:1,097件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

科学に基づいた心理学から のコラム一覧

53件中 41~50件目RSSRSS

そもそも「パーソナリティー障害」とは?

「パーソナリティー障害」なるものを、もっと根本的に考え直す必要があるのでは?という記事がNew York Times (Nov. 26, 2012) に掲載されていました。 私自身もカナダのUBCで学んだ時に、これを疾患と定義するのは正に社会科学の横暴だと感じた経験があるので、興味を持った記事です。 「パーソナリティー障害」とは: All About のサイト(メンタルヘルス専門家)にこう定義さ...(続きを読む)

2012/11/28 22:00

Attitude とBehavior と「人との付き合い方」

Attitude とBehavior と「人との付き合い方」 "attitude"  "behavior"   このふたつの英語は人間を理解する上で非常に大切な単語です。 しかも意味はまったく異なります。  日本で英語指導をしていると、この違いを説明するのにかなり工夫が必要です。 なぜなら、日本語では非常に似通った、またはほぼ同じ意味で捉えられることが一般的だからです。 というより、日本人の概念にはattitude とbehavior の違いはないのではと...(続きを読む)

2012/11/11 16:17

ペットは仕事の目的達成能力を高めてくれる

ペットは仕事の目的達成能力を高めてくれる 「ペットがいると、こんなことを達成しよう、これもやってみようという目的意識が強くなり、またそれら目的を達成する自信が生まれ、結果的に大きな成果を上げる可能性がある。」 こんな研究結果がScientific American Mind (Nov./Dec. Issue, 2012)に載りました。 ペットがストレスを抑える働きがあることは過去に多くの研究が証明していますが、「目的達成能力、自信」に...(続きを読む)

2012/11/07 14:35

Skill とは

Skill. 日本語ではスキル。 最近はやりのようによく聞く言葉です。 ここれはどういう意味でしょうか? 「スキルを身につける?」 何をどうやって?  高校生のTOEFLのクラス。 Independent Writing. 題に答えて30分で論理的なエッセイを書く問題です。 生徒たちがこんな問題に苦労しているのを発見。 What is a very important skill a pers...(続きを読む)

2012/07/18 13:21

Theory of Mindfulness - 思い込みを排除した思考法

初めての体験(例えば、原発事故など)に、論理的科学的Critical Thinking を使い対応出来る能力をこう呼びます。 この能力は次々に起こる社会問題解決には欠かせないもので、この分野を研究する心理学がMindful Science Psychology として最近注目を集めています。 Mindful とは、新しい問題に対処する際に、先例や過去における対処方法にとらわれない状態です。 先例...(続きを読む)

2012/07/12 14:33

自分は本当は何をしたいのか理解する方法

「自分が誰で」「何が出来て」「どんな価値観を持っているか」などを十分理解していると、将来への幸福度が高くなると、「自分のことをどのくらい良く知っているか試す方法」に書きました。 今度は、「どうしたら自分のことをもっと理解出来る」のか、簡単に試す方法を紹介します。 アメリカ・カナダの心理学者お勧めの方法です。 1. 自分の価値観(生きて行くためにはどんなことが必要だと信じているのか)を探検 ...(続きを読む)

2012/06/21 12:35

何歳まで母乳を続けるか論争

何歳まで母乳を続けるか論争 母乳をずっと続けると、良い大人に育つ? アメリカからこんな論争の話題です。 母親である間は「母親」だけに専念すること。 もちろん外で仕事もしない。 社会でも活動は最小にとどめる。 友達付き合いも余りしない。 家で子供を抱き締めて過ごす。 寝るのも一緒。 起きても一緒。 母乳は子供が自発的に止めるまでは続ける。 3歳になっても4歳になっても。 弟や妹が出来ても。  タイム誌の表紙のように(この表...(続きを読む)

2012/05/15 17:31

なぜ結婚するのでしょうか? 共同生活ではダメですか?

「なぜ結婚するのですか?」「結婚の定義は?」を考えたことはありますか?  先進国の間では「結婚率」が歴史的な低さを示す現在、Marriage【結婚】と Cohabitation【生活を共にする事】 との差がどんどん小さくなって来ています。 いや、差が小さくなるどころか、Cohabitation【共同生活】の有利さが【結婚】を追い抜いてしまいそうです。 (集団主義、そして男性優位社会をあきらめた...(続きを読む)

2012/05/14 17:18

「子供は家庭で育てるべき」という思い込み

「子供は家庭で母親が育てるものだ」という思い込みを、未だ頑なに持っている人が多いことに驚きました。  ずいぶん前から科学的な研究が否定し続けて来たこんなことを、未だに念仏のように唱えているのは、もはや思い込みを通り越して根深い偏見だと思います。 外枠と規則だけを決めることを、自分の仕事だと思い込んでいる日本の政治家たちが、こども園云々でもめてます。  どの政治家の意見にも食傷気味ですが、自民党が...(続きを読む)

2012/05/12 16:10

"love" は脳の勘違い?

"love" とは? 大きな謎ですね。 All About のコラム、Q&Aにも 恋愛 に関しての悩みが多く登場していることからも、私たちの心理状態に大きな影響を与えているのが "love"  のようです。 "love" で有頂天になったり、奈落の底に落ち込んだり。 多くの専門家が様々なな解釈をしている "love" 。 こんな解釈も存在します。 "love" は脳の勘違い。 日常と異なる事態...(続きを読む)

2012/05/05 18:47

53件中 41~50件目

プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム