大澤 眞知子(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)- コラム「日本の英語教育」(3ページ目) - 専門家プロファイル

大澤 眞知子
カナダにいらっしゃい!

大澤 眞知子

オオサワ マチコ
( カナダ留学・クリティカルシンキング専門家 )
Super World Club 代表
サービス:1件
Q&A:114件
コラム:1,057件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

日本の英語教育 のコラム一覧

26件中 21~26件目RSSRSS

Critical Thinking が描く【日本のこどもたちの惨状】2

Critical Thinking が描く【日本のこどもたちの惨状】2 Educational Psychology 分野の最新の科学的証拠を基に、Critical Thinkingで「日本の教育」の間違いを指摘したいと思います。 Critical Thinking の大まかな最初3段階のステップは前回のコラムで書きました。 今回は次のステップから: Analyze your assumptions and biases 今まで「正しい」と思い込んでいたことは本当...(続きを読む)

2012/03/27 15:21

Critical Thinking が描く「日本の子供の惨状」1

日本の教育は脳の正常な発達を阻害しています。 長年続けている時代遅れの「丸暗記」、意見を構築する機会さえない「受け身」の授業、指導要綱の外枠さえあれば質など二の次。  その「丸暗記」テストが子供たちの優劣を決める。 脳が驚いて発達をさぼるのも当然です。 一体何を目的の教育かと疑問です。 教育の目的とは、社会に生産的貢献の出来る人間を育てることと考えます。 「なぜ?」に始まり、科学的論理的に答え...(続きを読む)

2012/03/25 18:36

「パナソニック大赤字」と「日本の教育」の関係

「パナソニック大赤字」と「日本の教育」の関係 超混乱状況の日本の政治茶番劇の中、教育制度の危機がどうして話題にならないのか不思議です。 長年当然と思われて来た教育方法を完全に変えてしまわないと、この国は生き残れないと思います。  今日(2月4日)の日本経済新聞のトップ記事は、パナソニックの大赤字でした。 パナソニックだけでなく、ソニーも黒字にならない、NECも、シャープも。 戦後の日本経済をけん引してきた電機業界総崩れだと騒いでいます。  ...(続きを読む)

2012/02/04 15:56

2020年、英語の先生失業?!

2020年、英語の先生失業?! アメリカの雑誌 “Science Times”がこんな特集をしました。 “The Future of Computing” 累乗速度で発達を続けるコンピューターテクノロジー、それは私たちの生活をどのように変えて行くでしょうか。 例えば: “Google will provide everyone with the ability to communicate with everyone els...(続きを読む)

2011/12/23 15:28

「うちの子バイリンガルにしたいんですけど。」

「うちの子バイリンガルにしたいんですけど。」 「うちの子をバイリンガルにしたい!」と、乳幼児のころから英語CD,DVD、英語教室。 そんな方達に、最新の科学リサーチ結果(by University of Washington) 「バイリンガル脳はどう育つか」が衝撃的です。 期待させたあと、がっかりさせたくないので、まず結論から。   日本の乳幼児にいくら英語CDを聞かせても、DVDを見せても、英語教室に連れて行っても、バイリンガルにはなり...(続きを読む)

2011/12/10 20:38

日本の英語教育の Insanity

日本の英語教育の Insanity “Insanity” を英和辞書で調べると: 精神障害、狂気、無鉄砲、愚かさ。 あらあら、これだけですか? “Insanity”をこんな日本語に置き換えても、本当の英語理解にはほど遠いですね。 辞書を片手に一生懸命英語を日本語に置き換えているうちに、英語の意味は状況によってどんどん変わっていきます。  Active な英語に追い付き、意味を想像、そして創造出来るようにならないと、英語どころか世...(続きを読む)

2011/11/18 15:09

26件中 21~26件目

プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム