大澤 眞知子(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)- コラム「留学」(48ページ目) - 専門家プロファイル

大澤 眞知子
カナダにいらっしゃい!

大澤 眞知子

オオサワ マチコ
( カナダ留学・クリティカルシンキング専門家 )
Super World Club 代表
サービス:4件
Q&A:113件
コラム:1,001件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

留学 - 大学・高校正規留学 のコラム一覧

514件中 471~480件目RSSRSS

【Honda と Google 最強コンビ】日本の優秀な頭脳がカナダで留学する最強の理由

【Honda と Google 最強コンビ】日本の優秀な頭脳がカナダで留学する最強の理由 Self-driving car (自動運転の車)開発の最終段階で、日本のHonda と、アメリカのGoogle がとうとう手を組みましたね。 お互いのプラスを合わせることで、最強戦略チームが出来るというのが思惑のようです。   日本の、数学・科学分野の基本訓練と、アメリカのとめどない創造力・実践力の統合だと思います。 どんな技術をどう開発し、どんな車になるかなど、専門的なことはさておいて...(続きを読む)

2016/12/23 04:10

カナダの小さな町 と New York Times

カナダの小さな町 と New York Times 今日のカナダ大平原は太陽の光に雪がキラキラ輝いています。 マイナスの温度の雪はサラサラでキュッキュと音がします。   雪がまぶしい〜〜と、騒ぎながら、New York Timesを開くと、 アメリカの就業事情についてこんな結果が発表されていました。   単純労働者、生産労働者の仕事がなくなった! 俺たちの仕事を取り戻してくれるのはトランプだけだ!と低級な、教育のない白人たちがこぞって投...(続きを読む)

2016/12/14 06:07

「カナダに高校留学する意味」を見直す日

「カナダに高校留学する意味」を見直す日 世にもおぞましい人物がアメリカの民主主義を悪用した日。 世界が危機に瀕した日。 その日「カナダへ留学する」意味が大きく変化しました。     今回のアメリカの選挙民は大きく2つに別れました。 「高等教育を受け、知識も社会常識も備えた論理的な人たち」と「高等教育を受けず、知的能力・社会常識レベルが低く、論理的思考力が劣る人たち」   カナダにも、実は、アメリカ程のひどい分裂で...(続きを読む)

2016/11/11 03:36

26年前のホストファミリー

26年前のホストファミリー カナダに活動の基盤を移してそろそろ2ヶ月。 小さな町から更に10キロ離れた地平線のど真ん中からのニュースです。   カナダ・アルバータ州の小さな町に、初めて生徒を連れてホームステイに来たのは26年前。 15・12・11歳の3人息子も連れて。   カナダ人相棒が深い信頼の人間関係を持つ小さな町。 そこでのホストファミリーは正に厳選・超一級の方たちばかりでした。 生徒たちも、息子たちも...(続きを読む)

2016/10/26 08:09

カナダのアニマルシェルターでボランティア【日本の若者大活躍】

カナダのアニマルシェルターでボランティア【日本の若者大活躍】 カナダ・アルバータ州の小さな町のアニマルシェルター。 日本からの心優しい、動物好きの若者のボランティアが入り始めましたよ。   一番手の、大学生Hirokoさんの大活躍のおかげで、アニマルシェルターの人たち、町のひとたちが「ほぉ〜やるじゃないか!」と日本の若者パワーを見直し始めました。   「見直し」ということばに表されているように、実は、日本の若者の能力は余り好意的に認められる機会がな...(続きを読む)

2016/10/04 04:03

カナダの小さな町でアニマルシェルターボランティア - そこから得られるもの(脳心理学より)

カナダの小さな町でアニマルシェルターボランティア - そこから得られるもの(脳心理学より) Super World Club 卒業生のみんな、カナダにいらっしゃい! 人生の大きな価値を見つけに。 カナダ大平原の小さな町にあるアニマルシェルター 迷子の犬や猫を保護し、愛情を注いできた、小さな町のアニマルシェルターが存続の危機に瀕しています。 ボランティア不足が原因。 人口3700人の小さな町の新聞に載った記事を目にしたカナダ人相棒(地元出身)と私は、すぐに反応してしま...(続きを読む)

2016/06/15 18:31

「カナダの高校留学」と「トビタテ奨学金の不可解さ」

「カナダの高校留学」と「トビタテ奨学金の不可解さ」 日本の中学を卒業後の4月、または高校1年生の9月からカナダの高校に入学し、そこで卒業資格を取得する「高校卒業留学」のサポートプログラムを長年主催しました。 1994年、British Columbia で産声をあげたこのプログラムは、多くの成功者を送り出しつつ、時代の変化、カナダ・日本両国の政治・教育の変化に対応しながら進化して来ました。 現在は、留学が制御不可能なまでにビジネス化...(続きを読む)

2016/04/03 14:20

カナダ・アルバータ州高校留学するみなさんへー(教育制度の本当の魅力と落とし穴)

カナダ・アルバータ州高校留学するみなさんへー(教育制度の本当の魅力と落とし穴) 中学を卒業後、カナダ・アルバータ州小さな町の高校に留学した生徒に、こんな手紙がアルバータ州教育相から届きました。 「アルバータで勉強をする決心をしてくれたことを歓迎します。 世界レベルを誇るアルバータの教育は、レベルの高さのみならず、個々に合わせた多様な内容にも特徴があります。 留学とは、多種多様な人々についての知識を深め、それにより歴史の意味、現在世界で起こっている事への理解が出来る...(続きを読む)

2016/03/24 16:00

カナダの高校留学 ー 変遷と現状

カナダの高校留学 ー 変遷と現状 カナダ・アルバータ州大平原の小さな町の高校での「高校留学プログラム」を主催しました。   主に長期で留学し、カナダの高校卒業資格を目的とするプログラムです。 1994年から10年間、やはりカナダのブリティッシュコロンビア州に多くの日本人高校生を送り、現地では奇跡的と言われた3年での卒業を助けて来ました。 当時の州の高校教育過程を最大利用し、能力を持ち、自己努力の出来る生徒なら、徐々に階段を...(続きを読む)

2016/01/25 16:06

カナダの高校で英語の授業についていけません

カナダの高校で英語の授業についていけません カナダにて1994年以来、日本の高校生の支援をしています。 留学についてのお問い合わせに加えて、すでにカナダの高校留学中の親子からのSOSにも回答しする機会があります。 必要とされている方も多いのではと、頻度の高い回答をコラムにしてみます。 お問い合わせの傾向: 問い合わせ件数  #1 は現在留学中の子供について親からの相談です。 「留学フェアなるもので話しを聞き...(続きを読む)

2015/11/05 18:27

514件中 471~480件目

プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム