大澤 眞知子(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)- コラム「絶対出来る英語の発音 tin, tton, tten」 - 専門家プロファイル

大澤 眞知子
カナダにいらっしゃい!

大澤 眞知子

オオサワ マチコ
( カナダ留学・クリティカルシンキング専門家 )
Super World Club 代表
サービス:1件
Q&A:114件
コラム:1,257件
写真:1件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

絶対出来る英語の発音 tin, tton, tten

- good

2012-01-25 17:36

毎授業の最初に、こんな発音練習をします。 
今回は、日本人の苦手な tin, tton, tten。

アルファベットの文字の組み合わせが、それぞれどんな音をrepresent しているのか、普段から脳の中にinput している生徒たち。

それでも残念ながら、毎日、日本語環境の中で過ごす生徒たちの脳が、英語の「文字と音」とを自動認識するにはかなりの訓練が必要です。

日本語世界から扉を開けて入って来た英語の世界で、今から学ぶ英語のへのPriming (脳の準備)として発音練習をします。

色んな技を使い、毎回脳が飽きないような練習をします。
下記のビデオはそのひとつ。

新しい試みは、自分でリズムを打ちながら、身体全体で英語のGroove を理解する練習。 
大成功。 
既成のリズムマシーンより、子供たちの英語がはずんでいるのがわかりますか?

発音練習。
「大切ですか?」と聞かれると、「はい、とても」

外国語として英語を理解するには、まず脳に英語音声領域を作ること。
これが必須です。  言語学、脳科学、言語心理学などでも証明されていることです。

しかし、日本の「幼児英語に発音!」「こんなにきれいな発音が出来る子供!」的な発音信仰には疑問を覚えます。
「発音が出来て、で?」「だから?」 
音は言語のスタートラインです。 そのあとに続く準備と考えるべきですね。
それだけでは意味がない。

英語言語への入り口としての、Priming としての発音練習。
ビデオで一生懸命発音している生徒たちはこのあと

1: Creative Writing
コラム「英語で書く能力をつける方法で紹介しているwriting をどんどんこなし

2: 算数で英語の論理を [えいごの宿題]Big John Math
自分のペースでぐいぐい進め

3: 会話のクラスもうるさいことうるさいこと
1時間中、何かしら英語の単語を発明して冗談を言ってます

そんな Priming Lesson.
Come join us.

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 英語圏の大学で通用するエッセイの書き方指導(無料版)

料金
無料

初級から上級まで個人のレベルに合わせて指導します。 
Writer でもあるNative Speakerの添削付き。
「日本人なのにどうしてこんないいエッセイが書けるの?」と、カナダの大学関係者をうならせたエッセイ指導がメールで可能です。

英語圏の大学で通用するエッセイの書き方指導(無料版)
プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真