大澤 眞知子(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)- コラム「カナダ高校卒業成績インチキ嵩上げ横行- 今後大学落第者急増か」 - 専門家プロファイル

大澤 眞知子
カナダにいらっしゃい!

大澤 眞知子

オオサワ マチコ
( カナダ留学・クリティカルシンキング専門家 )
Super World Club 代表
サービス:1件
Q&A:114件
コラム:1,278件
写真:1件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

カナダ高校卒業成績インチキ嵩上げ横行- 今後大学落第者急増か

- good

留学 大学・高校正規留学 2021-05-27 05:25

続々ホラーストーリーのようなデータが出現している大問題。 

コラム「カナダ高校留学-州試験なしの大学進学を喜ぶのはちょっと待って」をより詳細にPodCastでお話します。

 

2年連続し、大学の合否を決める大切な州最終試験がコロナにより中止となっています。

つまり、難しい州試験なしで大学出願、合否が決まるというままごとのような大学進学プロセスが目の前で繰り広げられているカナダです、 

従来は、例えばGrade12の学校の成績と州のGrade12試験の成績とを合わせたものが最終成績として大学に送られ、それが入学選抜の重要な基準となるのがカナダの大学入学方法です。


パンデミックのため、まともな教育不在の高校から、大学に向かう生徒たちが、今年の卒業生です。

しかも、本当の実力を測るGraduation Assessment Final Examなしで大学に入ってしまう生徒たち。


例えばオタワ大学に合格したGrade12のレベッカ。

「何も努力もしてないのでAがつく。こんな学校は大学への準備などになっていない。ここでAをもらっても、大学では通用しないことはわかってるのに。」 

このようないい加減な評価をもらう生徒は、現実の実力と、評価との差に迷い、現実と自分の将来とが繋がらなくなる精神的不安状態に陥いると。


。。。。。。。(PodCastで詳細をどうぞ)


もちろん、大学も絵をこまねいているわけではありません。

どの高校がInflated gradesをつけているかの調査を行いリストを公表したり、選考過程に各高校のInflated率を加えたりしています。


そして!すごい資料を見つけました。 

BC州各高校のInflated Gradeがどこまではびこっているのかのデータが並んでいます。

特に留学生〜〜〜とヨダレを垂らしている学区が軒並みひどいです。

学校の成績と、Diploma Examとの差が驚くほど大きい高校が並んでいます。


近日概要を公開出来ると思います。

どの高校が腐っているか、学費を払う価値がない!かが日本の親の目にやっとさらされますね。


今高校留学中、来学年Grade12のEnglishを履修予定の人。

一番貧乏くじを引いてしまいましたね。 EN10,11はパンデミックでほぼ教育なし。

ところが、じゃ〜んと来年には州試験が戻ってきます。

すでに州は日程まで決めているようです。 

いくら高校でInflated成績をもらっていても、州試験はそうは行きません。

準備はいいですか。


これが高校留学の実態です。


ですから、あなたが優秀であればあるほど、カナダには大学からいらっしゃい! 

___________________________________

「カナダ大学正式留学」eBook 

Pandemic禍の留学Support Group   Canada Club

「カナダ高校留学実態総集編」eBook 

「カナダ高校留学アセスメント」テスト

カナダ発日本人のための本格的英語学習サイト UX English 

わかりやすいクリティカルシンキング講座

「クリティカルシンキングがわかる」eBook

Podcast [カナダにいらっしゃい!] 

プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真