大澤 眞知子(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)- コラム「「カナダ高校留学の実態」eBookからの相談プロセス」 - 専門家プロファイル

大澤 眞知子
カナダにいらっしゃい!

大澤 眞知子

オオサワ マチコ
( カナダ留学・クリティカルシンキング専門家 )
Super World Club 代表
サービス:5件
Q&A:111件
コラム:638件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

「カナダ高校留学の実態」eBookからの相談プロセス

- good

留学 大学・高校正規留学 2018-07-04 08:48

「カナダ高校留学の実態」無料eBook もうお読みいただきましたか?

現在カナダ高校留学中、高校留学準備中、そして、留学したものの卒業に届かない高校生のみなさん、そして日本からサポートする親のみなさん。


「成功する留学」の秘訣は、まずカナダの教育制度を知ることから始まります。

ネットの情報、エージェントのバラ色夢物語、カナダ大使館主催のカナダ留学フェアの裏に隠される実態。

現実を知り、そこから次の一歩を考えることが、大切な10代後半を有意義に過ごす行程の始まりです。


1994年、カナダBC州に乗り込み「高校留学サポートプログラム」を始めました。

留学エージェントなるもののバラ色セールストークに大きな疑いを持ち、スクールボードと直接交渉する「物言う日本人」として日本の未成年を守ろうと決意したのがきっかけです。


メッキが剥げ落ちるように見えて来たのが、日本の子どもたちを食い物にする「留学ビジネス」の実態です。

その中で「こんなはずでは。。」と、もがく子供たちは、外国であるカナダでは何の権利もありません。

高校も卒業出来ず、自らの尊厳までなくし、中卒のまま帰国して行く日本人留学生。


そんな犠牲者を一人でもなくす方法は「カナダ高校留学の実態」を日本のみなさんに知っていただくことだと、コラム·ブログで発信を続けています。

その集大成がこのeBookです。

現在は「サポートプログラム」は引退、主にボランティアで日本人留学生を支援しています。


カナダは世界中からやって来る人たちに門戸を大きく開いている国です。

しかし、何も知らずに飛び込んでも、カナダ教育の恩恵を受けることは出来ません。

まずは、「カナダを知ること」。

一度しかない大切な人生をかける「高校留学」を決める前に、「カナダを知ること」が必須です。

__________________

今回のeBook無料相談キャンペーンでは、大きく分けて3つのカテゴリーに当てはまる方たちからのご相談が届いています。


1.カナダ高校留学を考えています。

「簡単にバラ色で高校生活を送れるんだと簡単に考えていましたが、この本のおかげで気を引き締めることが出来ました。

留学前の準備として何をしたらいいですか?」


〈相談後のプロセス〉

かなり個人的な具体的な情報をお寄せいただいていますので、その個人に合わせた具体的な準備方法などのアドバイスをしています。

     ⬇︎

特にクリティカルシンキングを使うEssay writingに関しては、日本には教育機関が不足している関係上、不規則なスケジュールではありますが、お手伝いをさせていただくケースもあります。

(カナダの学校で通用するエッセイを長年指導していますので、希望する方にはご相談の上、時間の許す限りお手伝いしています。)

     ⬇︎

レッスンを通じて個人的な適性なども分かってきますので、留学先の選択にあたり具体的なアドバイスもしています。

     ⬇︎

留学後もいつでもご相談下さい。


2.カナダ高校留学中です。

「やはりESLから抜け出るのが大変です。思うように上に上がれません。English10がいつ取れるか不安です。」

「BC州のEnglish12は取れそうもありません。 Communication12を勧められましたが、大学進学したいので、どうしてもEnglish12が取りたいです。」

「アルバータ州です。English30-2も無理だと言われました。 30-1がないと大学進学出来ません。」


(相談後のプロセス)

現在留学中のスクールボード・学校を具体的に教えていただき、調査。

これまでの履修コース、成績なども分析し、卒業までの年数を論理的に説明しています。

     ⬇︎

ご希望の場合、学校のカウンセラーとお話することもあります。

     ⬇︎

特にEnglish10,11,12の授業への対応なども、高校生本人の能力に合わせアドバイスしています。

ご希望の方にはessay の指導を一定期間お手伝いすることもあります。

     ⬇︎

留学中、いつでもご相談下さい。


3.よく知らないまま留学してしまい、卒業まで届きそうにありません。

「帰国した方がいいですか、それとも何とか卒業出来る方法はありますか?」


このご相談には、まずカナダ留学してからこれまでに履修した課目、単位、成績の詳細をお聞きすることにしていますが、驚くことに、本人もよく把握していないケースがあります。

年齢が19歳に達したため、セカンダリースクールからカレッジに移動しているケースなど、過去の成績をたどるのが難しいケースもあります。

ご相談前には、必ず、カナダでの履修コースの詳細をご用意下さい。

     ⬇︎

卒業に必要な単位、授業がどれだけ残っているかにより、計画を立てるお手伝いをしています。

卒業資格取得後、日本に帰国するか、それともカナダで進学希望かにより単位取得方法が異なる場合があります。

     ⬇︎

最終的に、卒業に向かってあと少し頑張る決意をした方には、学習方法などのアドバイスも行っています。

必要な場合は、直接スクールボード、カレッジなどへの問い合わせもお手伝いしています。

     ⬇︎

晴れて卒業資格に至るまで、いつでもご相談下さい。

________________________

ワールドカップサッカーでの日本の活躍が話題です。

カナダにも日本人選手のマナーの良さが届いて来ています。

CNNがこんな報道をしていました。

”After defeat, Japan's World Cup team left behind a spotlessly clean locker room and a 'thank you' note”

「ベルギーに破れたあと、日本チームはロッカールームを完璧なまでに片付け、お礼のメモまで残して去った。」

 

こんな礼儀正しい国から留学して来た若者が、ひとりでも「成功する留学」を成し遂げられるよう、出来ることを出来る限り、お手伝いしたいと感じています。


Let Me Help You.

eBook無料ダウンロード


カテゴリ 「留学」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 英語圏の大学で通用するエッセイの書き方指導

論理的なエッセイを英語で書くとはどういうことかを体験

料金
11,000円

初級から上級まで個人のレベルに合わせて指導します。 
Writer でもあるNative Speakerのチェック付き。
「日本人なのにどうしてこんないいエッセイが書けるの?」とカナダの大学関係者をうならせたエッセイ指導がメールで可能です。

英語圏の大学で通用するエッセイの書き方指導
プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム