大澤 眞知子(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)- コラム「加速する温暖化 "Scientific American"より」 - 専門家プロファイル

大澤 眞知子
カナダにいらっしゃい!

大澤 眞知子

オオサワ マチコ
( カナダ留学・クリティカルシンキング専門家 )
Super World Club 代表
サービス:1件
Q&A:114件
コラム:1,097件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

加速する温暖化 "Scientific American"より

- good

科学に基づいた心理学から 2017-06-08 07:14

“Scientific American” より(写真はNew Delhiのスモッグ)


The Global Warming Wild Card

 

Energy decisions that INDIA makes in the next few years could profoundly affect HOW HOT THE PLANET BECOMES THIS CENTURY.

「今後ほんの数年、インドがどんなエネルギーを選択するかで、今世紀我々の地球がどれだけ熱くなるかが決まる」

 

「アメリカさえよければいい」という私利私欲の塊トランプの頭ではとても考えが及ばない事実が説明されています。

 

「インドが正しい選択をするには先進国からの強力が必須。

代替クリーンエネルギーに移行するには、テクノロジーの開発、それを支える金融支援がいる。

インドは金融面とドイツと多国籍銀行からの協力を得、実は、アメリカともクリーンエネルギーリサーチ開発でパートナーシップを結んでいる。

(トランプがパリ協定への資金援助を絶つことで、ここにも影響が出る)

 

これら援助は加速していかなければ、現在の温暖化のペースに追いつかない。

さもないと、インドは石炭プラントを作り続け、外国からの石油をガブガブ使い続けるだろう。

先進国のリーダー達はインドが正しい選択をするよう、より積極的に助ける必要がある。

 

地球の運命はそこにある。」

 

その協力の場から完全に手を引いたトランプアメリカ。

まるで地球を壊す権利はトランプにあるとばかりに。

 

犯罪行為ですね、人類全体への。

 

プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム