菅原 直子(ファイナンシャルプランナー)- Q&A回答「子供と貯金の両方を」 - 専門家プロファイル

菅原 直子
あなたという花が咲くために、知識と心を込めてお手伝いします

菅原 直子

スガワラ ナオコ
( 神奈川県 / ファイナンシャルプランナー )
らいふでざいん菅原おふぃす 
Q&A回答への評価:
3.5/2件
サービス:0件
Q&A:7件
コラム:0件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
050-3743-2619
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

子供を産むべきか、貯金を増やすべきか。。。

マネー 家計・ライフプラン 2010/07/11 19:14

夫30歳、妻32歳。現在貯金が165万しかないです。夫の借金返済や家電購入、バイクの購入が原因だと思っています。
 年内には220万くらいを目標に貯金したいと思っていますが、同世代の方よりもはるかに貯金が少なく、子供を産む事を躊躇しています。
 夫給料:22万円 ボーナス;年間60万程
 妻給料:13万5千円(今年から扶養外れています) ボーナス:年間10万
 合計:35万5千円

 家賃駐車場代:71800円
 光熱費(ガス、水道、電気):1万2千円
 携帯・ネット:1万6千円
 夫保険:6300円
 妻保険:5300円
 ガソリン代:1万5千円(車1台、バイク3台所有)
 夫奨学金支払い:1万5千円(残り30万程。年内に一括返済の予定)
 妻国民年金:15000円
 新聞代:4000円
 食費:25000円
 日用品:4000円
 娯楽費:1万円
 医療費:3千円
 カード支払い:平均5千円(無い月もあります)
 夫小遣い:2万5千円
 妻小遣い:9000円   計24万1400円

 貯金:7万円
 投資信託積立:1万3千円(現在、評価額25万)
 金積立:5000円
 車検・車保険積立:1万円
 特別支出積立(お祝い事、美容院代、NHK代等):1万5千円
 計 11万3千円
 
 合計35万4400円
 
 今年から私が扶養を外れて働く事になりました。ただパートなので子供が出来たら
退職する事になると思います。(双方の親が遠方に住んでいる。保育所の数が少ない地域に住んでいる)
 車1台とバイク3台を所有していますが、電車通勤が難しいので処分するのは難しいです。バイクは夫婦の共通の趣味でもあります。
 投資信託は、今の所プラス評価で、年に1回ある分配金は再投資しています。
 金投資は私の収入が増えたので、今年の6月から始めました。
 
 あと1年程待って、貯金が300万を超えてから作るべきか、私の年齢を考えて子供を作るべきか悩んでます。生活費で無駄な部分はないでしょうか?。
 子供は1人だけの予定です。

マグナさん ( 愛知県 / 女性 / 31歳 )

菅原 直子 専門家

菅原 直子
ファイナンシャルプランナー

4 good

子供と貯金の両方を

2010/07/12 20:36

こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの菅原直子です。

貯金が少ないことを理由として、
子供をあきらめた方がいいのか、
貯金がある程度できるまでは出産を先送りした方がいいのか・・・と
いうご相談を、時々受けます。

ファイナンシャル・プランナーとしては、
貯金がまったくなかったり、借金が多すぎる場合には、
ある程度預貯金ができて、気持ちにもゆとりが持てるまでは、
夫婦ふたりでしっかり稼いだ方がいいですね
と、まず、回答します。

同時に、子供3人を生んだ者として、
出産は、なかなか計画通りにいくものではなく、
時期がずれても授かるのならいいのですが、
妊娠しなかった・・・となると、後悔先に立たずですよ、ともお話しします。

ですので、家計が、何とかなりそうなのであれば
妊娠・出産は先送りしない方がいいと考えています。

何より、親の年齢が高くなってからの出産は
子供の教育費を払う時期に
親の老後生活費を貯めなければならず、
資金計画的にも楽ではないのです。

子供は授かりもの、と言われます。

ライフプランは、計画どおりに行かなくても
修正を重ねて、自分の望む生き方に近づける努力ができます。

でも、妊娠・出産は、自分たちの努力だけでは
どうにもならないこともあるのです。

貯金が十分でないうちに出産を迎えたら、
その後も仕事を続ければいいのです。

近くにお身内がいない、保育所の数が少ないなどの事情がおありとのことですが、
子育てと仕事の両方に、
今よりも都合の良い場所に引っ越すことは難しいでしょうか。

ご近所のご年配の方に、
子供の世話を一定期間お願いすることはできないでしょうか。

バイクはご夫婦の趣味とのことですが、
子供が育ってからでも乗ることは可能かもしれません。
今と全く同じ楽しみ方ではないかもしれませんが、
50代・60代、それ以上の年齢で楽しんでいる方達はいらっしゃいます。

よく、優先順位をつけましょう、と言われますが、
一つを選んで残りを捨てるのではなく、
今は、子供を選んで、趣味は少し先送りして、時間差で楽しむこともご検討ください。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&A