栗本 大介(ファイナンシャルプランナー)- コラム「まずは支出の記録をそのままつけましょう」 - 専門家プロファイル

栗本 大介
商品ありきではなく、まずはお金の考え方を養うことが大切です

栗本 大介

クリモト ダイスケ
( ファイナンシャルプランナー )
株式会社エフピーオアシス 代表取締役
Q&A回答への評価:
4.6/33件
サービス:0件
Q&A:82件
コラム:11件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

まずは支出の記録をそのままつけましょう

- good

家計簿のつけ方 2007-11-16 23:07
さて、家計簿をつける=自分の現状を知るということが大事という話をさせていただきましたが、
今まで何もしていなかった場合「どこから手をつけたらいいのかわからない」という声を聞くことがあります。

その場合は、まず「1ヶ月の支出を把握する」ことを始めてみましょう。
手元にある手帳や大学ノートでもいいので、とにかく「記録を残す」ことが重要です。

特に意識して節約をするわけではなく、特別な出費もなかったとしたら、1ヶ月間お金の流れを確認すれば、おおよその家計の状況が見えてくると思います。

もちろん、季節による変化や様々なイベントがありますので、本来は1年間の家計簿をつけた上で考えてほしいんですけどね。例えば電気代1つをとってみても、ある年の私の場合、高い月が18,000円台で安い月が7,000円台ですから、月によって1万円以上の差があります。
(ちなみに、私の家は戸建て住宅で、専業主婦の奥さんと子どもが3人という5人家族です。オール電化とかではありません。特にこれといった節約術も実施していません。)

でも「今年こそ頑張ろう!」という意気込みもむなしく、たいていは途中でつけなくなってしまい、間が空くとわからなくなってしまい、結局続かないなんてことにもなりかねませんから、とりあえずは1ヶ月間だけでもというわけなのです。
その上で、固定資産税やら自動車税、車検代、年払にしている保険料など「毎月の項目に上がってこないけど、毎年発生する支出」を12分割して、1か月分に直していただきたいのです。

逆に、今まできちんと家計簿をつけておられた方は、それを項目別にしていただいて「1年間の合計÷12」をして、1ヶ月の平均額を出してみてください。

ということで、今回は家計の支出把握についてお話しました。
とにかく「一歩ずつ」進むことが大事だと思いますよ。

カテゴリ 「家計簿のつけ方」のコラム

収入は手取額で把握する(2007/11/26 09:11)

家計簿は「おこづかい帳」(2007/11/14 09:11)

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム