小谷田 仁(歯科医師)- コラム「出っ歯を18年前に矯正歯科で出っ歯を矯正 出っ歯ではなくて下顎が後退したケース」 - 専門家プロファイル

小谷田 仁
約30年の実績による舌側矯正と審美矯正。質の高い治療に努めます

小谷田 仁

コヤタ ヒトシ
( 東京都 / 歯科医師 )
医療法人社団審美会 青山審美会歯科矯正クリニック 
Q&A回答への評価:
4.5/66件
サービス:0件
Q&A:247件
コラム:898件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
03-3409-3849
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

出っ歯を18年前に矯正歯科で出っ歯を矯正 出っ歯ではなくて下顎が後退したケース

- good

歯列矯正・噛み合わせQA (症例、原因、費用) 受け口、しゃくれ、反対咬合、切端咬合(せったん咬合) 2009-05-12 02:34

(質問)
18年前、大学生のときに別の矯正歯科で出っ歯のため矯正をしたことがあります。実はそのときは気づか(れ?)なかったのですが、私は出っ歯ではなくて下顎が後退しているケースのようでした。最近、鏡を見たり、サイトを検索したりして気づきました。噛み合わせは顎が後退した状態でこれまで噛み合っていました。歯軋りもあります。でも、「顎が引っ込んでいるのでは?」と気づいてアイーンの顔をすると、違和感がない顔になるとわかりました。いままでものをくちゃくちゃ食べて汚く見えていたようなのですが、アイーンの状態だと顎を上下にかみ合わせることができます。お伺いしたいのは2点で、いま筋肉を正常な状態で固める必要があると思いますが、どういった治療をするのですか?ということと、逆に顎をアイーンの状態にすることで下の歯だけ出っ歯になるので、その下の歯を矯正したいのですが、その治療に保険は適用されますか?ということです。あと、間違ったかみ合わせのまま、歯軋りで削れてしまった歯があるのですが、これを正常な高さにそろえる治療についても教えていただければと思います。

(回答)
すでに、出っ歯の矯正治療を受けたとういことは、おそらく上の顎の歯の抜歯をしていると思われます。したがって、これ以上、矯正的に前歯を引っ込めるのは難しいでしょう。下顎が後退しているケースであれば、下顎を外科的に前方に移動する必要があると思われますが、指定された大学病院等で、顎変型症と診断されれば、その治療に保険は適用されます。一度、歯軋りで削れてしまった歯は、削れた部分に詰め物をするか、人工のクラウンを被せないと、正常な高さにそろえることは出来ないでしょう。

LINEで歯並び相談を実施中

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム