小谷田 仁(歯科医師)- コラム「16歳 受け口と開口で生活に支障をきたす程に悩んで 人前で笑えなかったりマスクを」 - 専門家プロファイル

小谷田 仁
約30年の実績による舌側矯正と審美矯正。質の高い治療に努めます

小谷田 仁

コヤタ ヒトシ
( 東京都 / 歯科医師 )
医療法人社団審美会 青山審美会歯科矯正クリニック 
Q&A回答への評価:
4.5/66件
サービス:0件
Q&A:251件
コラム:1,055件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
03-3409-3849
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

16歳 受け口と開口で生活に支障をきたす程に悩んで 人前で笑えなかったりマスクを

- good

歯列矯正・噛み合わせQA (症例、原因、費用) 開咬(かいこう)、オープンバイト 2021-03-29 12:23

(質問)

16歳です。受け口と開口で生活に支障をきたす程に悩んでいます。何年も前から親には矯正手術をしたいということを伝えており、1度近所の歯科にも伺ったのですが、そこではこの歯並びだとどう対処することも出来ないということで都内の大学病院に伺うことを勧められました。
ですが学生のため通うお金も無く、その後親に何度相談しても独り立ちしてから自分で手術してと言われてしまうようになりました。ですが私は人前で笑えなかったりマスクを取れなかったり、毎日鏡を見て泣いてしまう位に本気で悩んでいて、バイトを頑張りながら費用を払えるのなら出来るだけ早くに治療を始めて大学生では自信を持って過ごせたらいいなと考えています。そこでこの歯並びだと保険適用になるのか、費用はどれくらいになるのか、手術出来るとなったらどれくらいの期間が必要なのかをお教え頂きたいです。



(回答)


大変お悩みの事と思います。

写真を見た限りでは、あなたの噛み合せは、開咬(オープンバイト)を伴う、骨格的な反対咬合の様です。

以下の疾病に付随する歯列不正、不正咬合の矯正歯科治療は、育成(更生)医療の適用となり、健康保険での矯正治療を行う事ができます。
たとえば、唇顎口蓋裂、ダウン症候群、尖頭合指症などです。また、手術を必要とする強度の反対交合、開咬、や上顎前突等も矯正治療が健康保険適用となります
(顎変形症の矯正治療) ただし、厚生労働大臣が定める施設基準に適合した育成(更正)医療指定の歯科医療機関でなければ、上記の健康保険治療が出来ません。

千葉にお住まいなら、千葉大学医学部や東京歯科大学の口腔外科に受診して、診断してもらう必要があります。


http://www.aoyama.or.jp/

https://www.aoyama-ortho.jp/



プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム