小谷田 仁(歯科医師)- コラム「受け口で悩んで どのような矯正方法で、どのくらいの金額と期間が」 - 専門家プロファイル

小谷田 仁
約30年の実績による舌側矯正と審美矯正。質の高い治療に努めます

小谷田 仁

コヤタ ヒトシ
( 東京都 / 歯科医師 )
医療法人社団審美会 青山審美会歯科矯正クリニック 
Q&A回答への評価:
4.5/65件
サービス:0件
Q&A:240件
コラム:843件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
03-3409-3849
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

受け口で悩んで どのような矯正方法で、どのくらいの金額と期間が

- good

歯列矯正・噛み合わせQA (症例、原因、費用) 受け口、しゃくれ、反対咬合、切端咬合(せったん咬合) 2018-05-16 21:32

(質問)

受け口で悩んでいるのですが、
私の場合、どのような矯正方法で、どのくらいの金額と期間がかかりそうでしょうか?
それと、私は元から顎自体も前に出ているのですが、こういった顔の骨格の場合、矯正後の横顔の印象の変化は少なかったりするのでしょうか?

回答

写真見た限りでは、
前歯の受け口治すだけであれば、上の前歯広げる(拡大)と、下顎の前歯小さくして引っ込めることによって治る可能性はあります
したがって、改善の程度に限界はあると思いますが、前歯だけの部分矯正も可能かもしれません。
部分矯正で治せれば、歯動かす期間は1年以内、もちろん外から見えない裏側(舌側)矯正矯正可能です。

上下の部分矯正する場合は、基本料は50万円、装置料は上下それぞれ、メタル装置が
0円、セラミック装置が5万円、裏側(舌側)矯正は15万円の追加料金がかかります

一般的には、矯正だけで受け口治すには、第一小臼歯(糸切り歯の後ろの歯)の抜歯が必要と思われます
この場合、少なくとも上下顎全体の矯正が必要で、下顎全体の矯正の基本料は95万円+装置料15~40万円となります
またこれに検査料、調整料そして保定装置料など10万円程かかります
期間は全体矯正では歯動かす期間が歯抜く場合は2年です。また、保定期間は歯動かした期間と同じだけかかります

ただし、矯正治療で受け口は治りますが、全体の矯正しても、顔の変化は口唇部分に限られ、下顎の前突感は治りません。
したがって、下顎の先端(オトガイ部)切除する、外科的療法が有効になります

いずれにしても、しっかりとした検査・診断した上で、ご本人の希望にそった治療方針決定すべきだと思います
-------------------
受け口、反対交合、しゃくれ、切端咬合
https://www.aoyama.or.jp/orthod_uke.html

部分矯正
https://www.aoyama.or.jp/bracket_place.html

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム