国府谷 明彦(厚生労働省認定 産業カウンセラー)- Q&A回答「ご自身の中に対人恐怖的な要素がありませんか?」 - 専門家プロファイル

国府谷 明彦
うつや不安・ストレス・悩みの改善に認知行動療法をお勧めします

国府谷 明彦

コオヤ アキヒコ
( 東京都 / 厚生労働省認定 産業カウンセラー )
カウンセリングセンター聴心館 聴心館館長
Q&A回答への評価:
4.4/47件
サービス:12件
Q&A:92件
コラム:110件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

無意識に目を閉じて話しているようです。

心と体・医療健康 心の不安・性格改善 2014/10/09 10:02

私は子供の頃から話をしながら目を閉じているようです。
子供の頃も真似をされて嫌な思いをしました。
最近仕事の時、相手の方から寝てるみたいだねと言われ、
またしゃべっている写真をみるとほとんどが目をつぶっているので
気持ち悪く感じています。
ただ直そう、直そうと意識すればするほど緊張してうまく話せず、
つい話すときは目をそらしてしまうという悪循環になっています。

目を閉じることなく話すようになるにはどうしたらよいでしょうか。
自分に意識がない分むずかしいです。

補足

2014/10/27 11:37

アドバイスありましたらよろしくお願いします。

くうすけ母さんさん ( 長野県 / 男性 / 38歳 )

国府谷 明彦 専門家

国府谷 明彦
心理カウンセラー

- good

ご自身の中に対人恐怖的な要素がありませんか?

2014/11/04 20:14

 こんにちは。聴心館 国府谷です。くうすけ母さんさん,話をするときに無意識に目をつぶってしまうことにお困りのようですね。治そうとすればするほど悪循環に陥ってしまうお気持ち,お察しします。ここでは,「くうすけさん」とお呼びして,話を進めさせてもらいます。

 聴心館では,精神医学や脳神経科学をベースに認知行動療法を中心とするカウンセリングをしています(医師法における診断・治療行為は致しません)。そんな観点から,くうすけさんの状態を見ていて,ひとつ気がつくことがあります。

 くうすけさんご自身の中に,相手の視線を強く意識するような部分がありませんか? 視線恐怖や軽い対人恐怖といったようなものがないでしょうか? そうした対人恐怖的なものが子どもの頃からあって,それが,話をするときに目をつぶる状況を作り出し,長い年月の間に無意識に目をつぶるクセを作り出したように思います。「目をつぶるクセ」は表面に出ている症状で,実際には,メンタルな深い部分からそれを出現させているように思います。

 まずは,視線恐怖,相手の視線を意識することを克服することから始めると良いと思います。こうしたことの改善法・治療法は,認知行動療法が効果的と思いますので,その面からよく調べられれば良いと思います。ちなみに,認知行動療法ではこうした症状を,社交不安障碍として取り扱っていますので,ご案内しておきます。必要あれば,そうした面でのご協力もできますので,別途ご連絡下さい。

 くうすけさんの状態が良くなることをお祈りしています。では。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム