桐田 友明(臨床心理士)- 経歴・実績 - 専門家プロファイル

桐田 友明
寄り添いながらお話を伺わせて頂いています。お気軽にどうぞ。

桐田 友明

キリタ トモアキ
( 臨床心理士 )
東京メンタルケア 代表
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

経歴

1982年7月-1996年10月
株式会社パーソナリティセンターに勤務し催眠療法に携わる。
在籍中に臨床心理士資格取得。
1996年11月-現在
市ヶ谷に東京メンタルケア(私設心理相談室)を開設。
薬物療法が必要な相談者への照会先として複数の病院・医師との連携を深める。
複数のEAP運営企業と提携し、従業員支援プログラムの相談業務委託を開始。

1982年~1996年
株式会社パーソナリティセンター勤務期間
大学卒業後、2年間一般企業に勤めた後、1982年7月から株式会社パーソナリティセンターに入社(大阪)し、カウンセリングと催眠療法を担当。この間に催眠医学心理学会・自律訓練学会・カウンセリング学会など複数の学会に所属し研鑽を積む。
1992年4月臨床心理士資格を取得。同年7月大阪から東京に転勤し引き続き催眠療法に専念する。
1996年~2022年
私設相談室開設から現在まで
1996年10月パーソナリティセンター閉所に伴い、同年11月市ヶ谷に東京メンタルケアを開設。20年以上のカウンセリング経験から心身相関に関心を抱き、カウンセリング業務に携わりつつ医療系専門学校に通い、2007年4月鍼灸師免許を取得現在に至る。私設相談室を開設後、相談者の必要に応じて複数の紹介先医療機関も可能な体制を整え、複数のEAP運営企業とも契約し、企業の従業員への委託相談業務も担当している。

実績

催眠療法専門の心理カウンセラーとして勤続15年、その間に催眠医学心理会・自律訓練学会など複数の心理臨床関係の学会に所属し研修を積みました。
独立後、私設心理相談室を開設し、令和4年で25年間、合計40年以上の相談業務に携わり、様々なご相談に応じてまいりました。
勤務時代も含め延べ相談人数は2,6000人以上になります。
対面による面接相談
株式会社パーソナリティセンター勤務時代を含め、小学
生から70代以上の方を含む幅広い年齢層の方々へ40年
以上にわたり様々な心の悩みのご相談に対応してまいり
ました。催眠療法を軸に経験を積んでいますが、じっく
りとお話を伺う姿勢を基本としています。また、経験上
心の不調が体にも影響する事があるようですので相談者
の体の状態にも常に留意しています
テレビ面接による相談
2017年より、来談中の方の引越し等で対面面接が難しくなった場合への継続面接としてテレビ面接を実施してきました。
その後、新形コロナの拡大を契機に2020年から本格的にテレビ面接を導入し、相談者の反応を動画で確認しながら催眠療法・カウンセリングを行っています。
プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセス