大塚 嘉一(弁護士)- コラム「コルビュジエ のLC2」 - 専門家プロファイル

大塚 嘉一
依頼人の法的権利を実現する─それが私どもの願いです

大塚 嘉一

オオツカ ヨシカズ
( 弁護士 )
菊地総合法律事務所 代表弁護士
サービス:0件
Q&A:1件
コラム:175件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

コルビュジエ のLC2

- good

2018-01-11 19:40

 コルビュジエのソファーLC2一人掛けカッシーナ製を二脚、入手しました。一つは革張り、もう一つは布張りです。

 私の、コルビュジエのLC2の印象は、安楽とは言い難く、ちょっと突き放された感じ。私の椅子の標準器たるポルトローナフラウのヴァニティーフェアの圧倒的な「包まれ感」、この地表の東経何度、北緯何度があなたの居場所ですよと安堵させてくれる感じ、これがない。背もたれが、腰のあたりまでしかないことも影響しているのかも。

 まず、革の方に腰かけた感じ。今までの印象のとおり。

 次に、布の方に腰かけた感じ。あれ、違うなあ。少し落ち込むのは勿論だが、それだけではなく、「包まれ感」が、ある。見直しました。

 革張りのは、マンションのラウンジやオフィスでよく見かけます。それだと、長居されたくないので、固い感じでちょうどいい。しかし、家庭内では、くつろげない。それに対して、布張りは、とてもいい感じ。冬でも表面が冷たくないし。

 最高級は、革ではなくて布、を再確認しました。

 コルビュジエ(実は、シャルロット・ぺリアン)も、当初は、布張りを想定していたのかも。

 さて、この椅子に対するにはどうするか。まず腰を低くして、正面のクロームメッキのパイプのアールのついた部分を鑑賞します。「結構なお曲がりで」と、つぶやくように褒めます。次にゆっくりターンして、深く腰掛け、視線は前においたまま、左手で、おもむろに手すりのパイプの下面に刻まれたコルヴィジェのサインを、二回なでます。その際、愉悦の表情を浮かべることも大事です。これが、「椅子道」の作法です。同好の志以外の方には、了解不能、でしょうか。

プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム