大塚 嘉一(弁護士)- コラム「ローマでフィアット・プントを、らしく走らせる」 - 専門家プロファイル

大塚 嘉一
依頼人の法的権利を実現する─それが私どもの願いです

大塚 嘉一

オオツカ ヨシカズ
( 弁護士 )
菊地総合法律事務所 代表弁護士
サービス:0件
Q&A:2件
コラム:175件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

ローマでフィアット・プントを、らしく走らせる

- good

クルマ 2015-02-03 09:20

 ローマで乗ったのはフィアットのプント。二十数年前、ムサい車好きが集まったツアーで訪れたイタリヤで、フリーの日に、レンタカーでも借りようと街に繰り出すと、同じ目的でうろうろしていた同じツアーの同好の士に出会いました。二人で一台を借りることになりました。もちろんマニュアル車です。

 まずは私が運転席に。左ハンドルは慣れたものと、走り出したものの、ひやひやのし通しです。もともと道が狭いうえに、周りのドライバーが、皆、車線は守らないは、割り込みはするは、無法者ばかりです。

 ふと同乗者を見ると、すずしい顔をしています。

 なんだコノヤローとばかりに、右足をさらに踏み込みます。弁護士であることを忘れて、私も無法者ドライバーの仲間入りです。車は、右に左に大きく揺れます。

 どうだと横を見ると、依然としてすずしい顔がそこにあります。

 それじゃあオマエが運転してみろよ、という気持ちが半分、ちょっと疲れたのが半分で、運転を交替してもらいました。

 運転手を変えた黄色いプントは、どうしたことでしょう、まるで生まれ変わったかのように、ミズスマシよろしくスイスイと、ローマの街中をすり抜けていくではありませんか。

 この手の小排気量の車は、加速するにしろ、カーブを曲がるにしろ、エンジンのパワーのマックスのポイントをどこに持ってくるかが勝負です。それが、スパッ、スパッと、ことごとく決まるのです。私の数倍は、操縦が上手です。

 運転が上手いなら、上手いと早く言ってほしかった。

 種明かし。「う、運転、う、上手いよね」と、私。「毎週、週末にラリーの練習をしてるの」と、彼女。

プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム