菊池 洋光(保険アドバイザー)- Q&A回答「定期保険の減額とその他の金融商品の組合わせで対応」 - 専門家プロファイル

菊池 洋光
斬新な問題解決力を手に入れた私に是非ご相談ください。

菊池 洋光

キクチ ヒロミツ
( 福岡県 / 保険アドバイザー )
ほけん工房 代表取締役
Q&A回答への評価:
4.2/32件
サービス:0件
Q&A:63件
コラム:0件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
0120-196-816
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

年金保険と養老保険

マネー 損害保険・その他の保険 2010/11/10 16:10

お世話になります。

養老保険についてお教え願います。

既婚女性、今後も子供は持ちません。

このたび死亡保障が高額の生保を見直し、貯蓄性のある養老保険を考えております。
 
現在、定積の代わりに36歳から生保会社の個人年金保険に加入中、
 65歳で払込満了となり
 65歳支払開始、10年確定年金で60万円です。
 毎月の保険料は14532円です。

養老保険に加入するとしたら1万円くらいしか掛けられないのですが、
 その場合、年金を解約し養老に2万円掛ける方がよいのでしょうか?

双方のメリット、デメリットがあれば御教授願います。

かずにんさん ( 山梨県 / 女性 / 38歳 )

菊池 洋光 専門家

菊池 洋光
保険アドバイザー

- good

定期保険の減額とその他の金融商品の組合わせで対応

2010/11/10 19:25
( 5 .0)

かずにん様

こんにちは!ほけん工房の菊池です。

高額な生保とはきっと定期保険の事だと思いますが、解約して養老保険にするよりも、定期保険を低額にして、個人年金をそのまま残すのか、個人年金を解約し、その他の保険または金融商品を使って老後の準備をする事を検討されませんか?

現在、ご契約されている個人年金保険のおおよその利回りを計算してみましたところ、約0.85%です。(税金の事を考慮していませんが)この程度の利回りであれば、他の金融商品で運用する選択がよいと判断される方もいらっしゃるでしょう。長期金利(長期国債の利率)を基準にすると判断しやすいです。

参考までに、予定利率と利回りは同じではありません。例えば、予定利率が1.5%であったとしても、利回りに換算すると1%もない事は多いです。特に、月払いの場合には、年払いや一時払いと比較して、その差が大きいです。

現在、ご契約されている個人年金だとして、確定年金の最後の受け取りである75歳までを、約0.85%の利回りで約束する事が、かずにん様とって望ましいのかどうかです。

将来、インフレなのか?デフレなのか?は未定ですので、ハッキリとした判断はできませんが、個人年金、養老保険のどちらの選択も望ましくないのではないでしょうか?

また、どうしても、保険での運用を検討されたいという事でしたら、その他の保険商品も検討されてみてください。

参考までに、生命保険会社が破綻した場合について、生命保険契約者保護機構のホームページを参照されてください。

ご質問の養老保険と年金保険の比較への回答から、外れてしまいましたが、どちらの選択も考えられないという回答とさせていただきました。

http://196816.co.jp

評価・お礼

かずにん さん

2010/11/10 20:55

菊池様

ご回答いただきありがとうございました。

見直しを検討しているのは終身で、死亡保障が世帯主が亡くなった時のような
 金額だったもので…
 死亡保障なしの新たな医療保険に加入し(三千円くらいの)
 養老保険にも加入して老後の足しにするつもりでご相談してみました。

また一から考えてみますね。

参考になるご意見、大変助かりました。

ありがとうございました。

菊池 洋光

2010/11/11 00:46

高い評価をいただきましてありがとうございます。

終身保険でしたか?直感が外れてしまいました。失礼いたしました。

老後の準備でしたら、終身保険を解約せずに、(養老保険で検討されているものと同等の)保険金額と他の金融商品の組合わせという方法も検討されてはいがでしょうか?

幾通りも方法があり、考えてみると面白いです。

またのご相談お待ちしています。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&A