菊池 洋光(保険アドバイザー)- Q&A回答「両極端な設計をしてみる事から」 - 専門家プロファイル

菊池 洋光
斬新な問題解決力を手に入れた私に是非ご相談ください。

菊池 洋光

キクチ ヒロミツ
( 福岡県 / 保険アドバイザー )
ほけん工房 代表取締役
Q&A回答への評価:
4.2/32件
サービス:0件
Q&A:63件
コラム:0件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
0120-196-816
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

主人の生命保険(現在と老後)についてアドバイスお願いします

マネー 生命保険・医療保険 2010/11/08 06:42

主人の生命保険について相談です。
夫35歳 妻37歳 長女3歳 次女1歳の四人家族です。
現在、主人の会社にて共済(生命保険1500万…医療保険も少し含まれる…月5,200円)とアフラックのWays500万(月9,850円)に加入しています。

子供も二人いるのに生命保険金が少ないので見直しを考えています。
共済は役職についたら加入できなくなるので、病気をしていないうちにやはり民間の保険に加入した方がいいのでしょうか?

今のところ、収入保障保険(月15万…約5,500円)と生命保険(Ways含め1000万位)と組み合わせた方がいいのかと思っています。
残りの生命保険は会社のグループ保険600万に加入を検討してます。(今の年齢なら870円…但し5年毎に金額が上がり80歳まで加入可)

ただWaysに関しては60歳までは死亡保障、60歳以降は5年間年金で受け取るか、そのまま終身保険500万のままにするかは未定なので老後の生命保険が不安です。
グループ保険600万を更新しても61~65歳で5,600円に上がっているのでそのまま更新するのか、またはWaysの終身保険を残して60歳以降のつなぎ年金を別に貯蓄した方がいいのか?とても迷っています。

自分なりに色々と検討してますが、この考え方でいいのかご指導願います。

補足

2010/11/08 06:42

その他保険には医療保険1日5000円(夫婦とも加入)とがん保険家族タイプ、妻Ways500万に加入しています。

現在わたしは正社員にて勤務(育休中)ですが、主人の転勤があれば辞めることになるかもしれません。
そうなったら保険料が家計を圧迫しそうです。。。

ゆいママさん ( 福岡県 / 女性 / 36歳 )

菊池 洋光 専門家

菊池 洋光
保険アドバイザー

- good

両極端な設計をしてみる事から

2010/11/09 01:19
( 4 .0)

ゆいママ 様

こんばんは!ほけん工房の菊池です。

「現在と老後のバランス関係をどうするのか?」

このテーマは、重大なポイントのひとつです。

こういう時、私流では、両極端なシミュレーションを組んでみます。

例えば…

■子育て期重視と老後重視
■保険商品での準備と保険以外での準備

「無事に子育てができれば満足だから子育て期を重視!老後の準備はその後にでもしよう」「万一の際には遺族年金があるので満足!子育て期よりも老後を重視しよう」…など

そして、ちょうど心地よい位置づけを決めるだけです。

遠い将来(25年後)の約束をきちんとできますか?個人も社会も環境は変化していませんか?物価、保険商品、医療制度なども変わるし、生存してるのかも解らない。保険の金融商品で老後の準備をしておいた方が良かったのではないか?・・・こんな事の考え方を理解すると、老後の準備を諦め、子育て期を重視する事になりますし、視点を変えると、全く間逆を正解とするでしょう。

だから、今の段階では、もう少し両極端な設計に対して、肯定、否定する考え方や情報を収集することだと思います。その考え方や情報を書き連ねたいところですが、不可能なので、この程度にしておきます。

私は福岡天神に週4日ほどいますので、お声をかけていただければ解決方法を伝授させていただきます。

http://196816.co.jp

評価・お礼

ゆいママ さん

2010/11/09 10:55

ご回答ありがとうございます。

「現在と老後のバランス関係をどうするのか?」…まさに悩めるところです。
確かに将来環境も変化しているだろうし、まずは肯定、否定する考え方や情報を収集することが大切ですね。
HPも拝見させていただきました。金融商品などの相談にも応じてくださるようで(これも今迷っています)、時間をみつけて詳しい相談をしたいと思います。
その時は宜しくお願いいたします。

菊池 洋光

2010/11/09 12:33

たくさんの星をいただきましてありがとうございます。

私が言いたい事をよくご理解いただけていることが文面から読み取れ、うれしく思います。
HPもご覧いただきましてありがとうございます。

きっと、「保険」を追求していくと「その他の金融商品」を知る必要性を感じられるはずです。そのミックスした話が「現在と老後のバランス関係をどうするのか?」という
手掛かりになると思います。

是非、お声かけください。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&A