後藤 一仁(公認不動産コンサルタント)- Q&A回答「口約束でも契約は有効です。」 - 専門家プロファイル

後藤 一仁
30年の経験を活かし、不動産を通じてあなたを幸せにします。

後藤 一仁

ゴトウ カズヒト
( 東京都 / 公認不動産コンサルタント )
株式会社フェスタコーポレーション 代表取締役社長
Q&A回答への評価:
4.7/3件
お客様の声: 1件
サービス:0件
Q&A:3件
コラム:43件
写真:75件
お気軽にお問い合わせください
03-5911-7200
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

至急お願いいたします。

住宅・不動産 住宅賃貸 2010/06/24 14:26

二年前の八月から、一軒家を借りて住んでいます。大家は義父の友人です。
私たち夫婦は、子供が出来たこともあり、主人の会社のファミリー寮に引っ越しを考えていたのですが、二年前に義父が、大家である父の友人に、タダでいいから家を借りてくれと言われたそうです。人が住んでいる方が家が傷まなくていいと。一度義父は断ったのですが、再度言われた為、友人だからとはいえタダという訳にはいかないからと、義父が五万の家賃を提示し、それでお互い納得したようなのですが、契約書作成をお願いしても、大家が、俺がいいと言うんだから契約書は要らないと言い、契約書は作れなかったそうです。結局、口約束とはいえ、実際に住む私たちは契約の場には同席することなく父たちの間で話がついたからと引っ越しをしました。その後、挨拶には夫婦そろって行ったのですが、その場でも契約の話はなく、お世話になります、よろしくお願いしますという話で終わっています。ところが、子も産まれ、頼る人もいない全く知らない土地に越し、やっと落ち着いてきた今突然、大家から家賃を10万にすると言われました。10万払えないなら8月で出ていけと。8月で二年になる、これ以上お前らの世話をする義理はないと言ってるそうです。私どもとしましては、引っ越し代もありませんし、こんな急な話はあんまりではないかと思っています。この事について相談したい話したいと主人が大家に連絡しても、会う必要はないと言って会ってももらえません。一方的な話のみです。義父が連絡しても同じ対応です。私としましても、このまま納得することなど到底無理な話なのですが、大家と義父の友人としての信頼関係のみでの契約だったので、契約書がないことで今後どうしたらいいかわからず相談させていただきたいのです。私たちにはどのような権利があるのか。何も出来ず、大家の言うままに出て行くしかないのか。立ち退き料はもらえるのかなど教えていただきたいのです。
正直こんな大家とはさっさと縁を切りたいので、ここに住み続けたいとは思っていません。
せめて次の家が決まるまでここに同じ家賃で住めないのか?引っ越し費用など請求出来るものがあるなら請求したい!どうかご回答おねがいいたします。

補足

2010/06/24 14:26

・敷金礼金はありません。そのかわり、家は、私たちが入居する前に借りていた人が壊したガスコンロや網戸などもそのままでクリーニングもされてませんでした。
・家賃の滞納などは一切なくきちんと払っています。
・家も修繕こそあれ、破損は一切ありません。
・大家は、私たち夫婦が借りる事を前提ではじめから義父と話しています。

hayamaさん ( 千葉県 / 女性 / 32歳 )

後藤 一仁 専門家

後藤 一仁
不動産コンサルタント

18 good

口約束でも契約は有効です。

2010/06/24 21:36
( 4 .0)

はじめまして。フェスタコーポレーションの後藤と申します。

大変ですね。ご心労をお察しいたします。

質問の文章を拝見する限り、貸主は当初、使用貸借(賃料が無料の契約)にしようとしたとのことですが、結局、毎月決まった賃料を受領するという一般の賃貸借契約に変更したとのことですし、民法上、口頭でも契約は成立することから、現在の賃貸借契約は有効であると思われ、Hayamaさんは居住する権利(借家権)によって守られていると思われます。

この場合、貸主は基本的には賃貸借契約を解除する為には、正当な理由が必要で、半年前に借主に伝える必要があります。

よって、現段階においては、


1.hayamaさんは、すぐに出て行く必要は無いと思われます。

2.法律上、貸主からの契約解除には、「正当事由が必要」で、「半年前に借主に通知をしなければならない」というにもかかわらず、半年より早期の解約に応じても構わないということであれば、引越にかかる費用等は請求が可能であると思われます。


しかし、ポイントは、5万円という賃料設定が周辺相場に比べ、どのくらい乖離しているかであるかと思いますが、例えば相場の半分以下であるなど、相当安い賃料で借りられていたのであれば、引っ越し費用などは請求しにくいかもしれません。

また、費用請求などで弁護士を利用するのも手ですが、その場合、正式に代理人として交渉を依頼する他に、法律相談(30分5,000円くらい)などを利用して、専門家としての意見やテクニックを聞き、法的な指示を受け、その指示に従って行ってみるのも良いと思います。

以上、少しでもご参考になれば幸いです。

評価・お礼

hayama さん

遅くなり申し訳ありません。
わかりやすいアドバイスありがとうございました。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム写真