川瀬 康和(建築家)- Q&A回答「回答になってないかもしれませんが・・・」 - 専門家プロファイル

川瀬 康和
機能やデザイン、コストや将来計画など建築をトータルで考える

川瀬 康和

カワセ ヤスカズ
( 建築家 )
一級建築士事務所 カワセ企画・設計 
Q&A回答への評価:
5.0/1件
サービス:0件
Q&A:4件
コラム:3件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

中古木造住宅購入に関して

住宅・不動産 住宅設計・構造 2009/01/26 18:12

宜しくお願い致します
現在住宅購入を考えております
中古物件で探しておりますが、今検討しているものに
築20年の物件があり迷っております
実際購入に関して何をチェックしたらよいのか?
購入前にプロに頼んで(調査会社)見てもらった方が
よいのでしょうか?
耐震性、シロアリ、水漏れ(特に見えない配管などは
どうでしょうか?) 自分では
この位しか思い浮かばないのです。
宜しくお願いいたします

あすぐちさん ( 神奈川県 / 女性 / 40歳 )

回答になってないかもしれませんが・・・

2009/01/27 10:14

こんにちは。中古住宅の購入とのことで、がんばってください。応援します。
まずは、「宅地建物取引業者(不動産屋さん)」から「中古住宅(古屋有でなくて)」を買うのでしょうか?そうであれば、不動産屋さんも担保責任が生じることから、建物の安全性等については親身に相談にのってくれると思います。
その前提で話をするとして、「築20年」というのも微妙ですね。今話題の住宅ローン控除や登録免許税等の税率軽減措置等については、木造の場合「築20年以内」が対象なので、建物の謄本で新築時の年月日を確認してみると良いと思います。
それで、もし20年を1日でも過ぎているのであれば、上記の控除等の対象とするためには「耐震基準適合証明書」が必要となります。(専門家による耐震診断と必要であれば耐震改修が必要になります。)以前、中古住宅購入にあたって、こんな話を売主さんの不動産屋さんにしたら、診断費用は不動産屋さんが出してくれました。(とても良い不動産屋さん!)
耐震診断では、専門家が建物の耐震性能はもちろん、地盤や雨漏、漏水等による不具合についても見解を提示してくれるので受けると安心ですが、実際問題、築20年前後の建物であれば、改修なしで適合となることはまずないと思いますし、たとえ築20年以内であっても耐震補強はしておいた方が安心だと思います。
そこで、やっと質問の回答。JIOのような保証を伴う検査機関さんの調査は売主さんしかできないし、耐震診断がオススメです。しかし、そもそもその建物が耐震診断する価値があるのか?(耐震改修に過大な費用はかからないか)を事前にチェックするのがよいのではないかと思います。
国交省の「誰でもできるわが家の耐震診断」(検索すればいっぱいヒットします)などを参考にしてみてください。個人的には、平面的なバランスが悪いのと基礎の改修はお金が掛かりがちなので、慎重に。すみませんもう文字数オーバーです。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム