小坂 淳(ウェブ解析士マスター)- コラム「見えざる資産〜ウェブサイトの資産価値とは?〜」 - 専門家プロファイル

小坂 淳
お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

小坂 淳

コサカ アツシ
( 東京都 / ウェブ解析士マスター )
株式会社環 
Q&A回答への評価:
4.4/91件
サービス:4件
Q&A:233件
コラム:1,593件
写真:3件
お気軽にお問い合わせください
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ

グループ

専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

見えざる資産〜ウェブサイトの資産価値とは?〜 のコラム一覧

5件中 1~5件目RSSRSS

見えざる資産〜ウェブサイトの資産価値とは?〜

見えざる資産〜ウェブサイトの資産価値とは?〜 ウェブサイトを費用と捉えるか、資産と捉えるか、 そしてそれが負債のような存在になっていないか、 ということは重要な課題です。 運営費用を支払い、それを上回る売上をあげることで 資産の増加につながります。 売上と費用の関連性を通常の経営では行いますが、 ウェブサイトも同様です。 業態によってその方...(続きを読む)

2008/02/01 22:01

ウェブサイトが負債になっていないか?

ウェブサイトが負債になっていないか? ウェブサイトは資産か費用かという話をしました。 資産にせよ、費用にせよ借方に属しますが、ということは 貸方(負債・資本・売上のいずれか)が増えるか、借方(資産・費用)が減るの どれかが起きるはずです。 いろいろ考える負債が増えているか、資産が減っているわけですが、 資産から資産に変わる分には問題はないですよね。 そう考...(続きを読む)

2008/01/31 21:39

費用としてのウェブサイト

費用としてのウェブサイト ウェブサイトを費用と見る見方もあります。 キャンペーンページなんかはその典型ですが、 短期勝負で、そのコスト(作成や運営、広告など)からいくら収益をあげるかが問われる場合、 費用として考えた方がいいでしょう。 企業の命題は利益をあげることですから、 売上ー原価ー目標利益が費用の範囲になります。 目標売上を設定することが大事で...(続きを読む)

2008/01/30 23:07

資産としてのウェブサイト

資産としてのウェブサイト ウェブサイトは無形固定資産とでもいうべきものですが、 償却期間は1年ぐらいと考えたほうがいいでしょう。 (なので、実質費用になってしまうのですが) 但しその資産価値を高めたり、伸ばすことも可能で、 そのための仕組みづくりを構築時に考えておく必要があります。 仕組み作りというのはCMSを使えとかアクセス解析をいれろという ...(続きを読む)

2008/01/29 23:02

ウェブサイト構築・運営は資産か?費用か?

ウェブサイト構築・運営は資産か?費用か? 販売管理用のシステムなど自社利用のシステムを開発した場合、 会計的には資産に計上され、減価償却の対象となります。 他社に提供するシステムを開発した場合は、研究開発費と資産に計上され、 資産計上分は減価償却の対象となります。 その反面消耗品的に使われる名刺やパンフレット、販促物は費用です。 広告も同様です。 ...(続きを読む)

2008/01/27 19:04

5件中 1~5件目

  • 1
プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真