小坂 淳(ウェブ解析士マスター)- コラム「組織毎の経路分析の活用」 - 専門家プロファイル

小坂 淳
お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

小坂 淳

コサカ アツシ
( 東京都 / ウェブ解析士マスター )
株式会社環 
Q&A回答への評価:
4.4/91件
サービス:4件
Q&A:233件
コラム:1,593件
写真:3件
お気軽にお問い合わせください
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ

グループ

専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

組織毎の経路分析の活用

- good

アクセス解析の重要性 クライアントの満足度を高めるアクセス解析の使い方 2011-08-02 20:02

環の小坂です。

アクセス解析を活用されてくると、
「どこの人が何を見ているのか」を知りたくなることがあります。

また、「この商品はどんな人が興味あるんだろう」と思うこともあります。

それがわかると、営業活動や製品開発、プロモーション全般の施策に活かすことが出来ます。

・どこの人が何を見ているか

アクセス解析ツールによっては、組織名毎にどのようなページを見ているか、
もしくは組織毎の経路を確認することが出来ます。
(弊社のシビラだと組織毎の経路を見ることが出来ます。)

これを見ることで、過去に名刺交換した方がどのページを見ているか、
競合がどこを気にしているかがわかります。

名刺交換後のフォローなどに役立ちます。

・どのページは誰が見ているか?

逆にページ毎に組織名がわかったり、経路がわかるツールもあります。
(弊社のシビラだとページ毎に経路を見ることが出来ます。

これを見ることで、ページ毎に関心がある層がどんな人(企業)なのか、
どういう経緯でそのページに来たのか、その目的は満たされたのかなどを
知ることができます。

商品ページの見直し(ターゲットの設定)やユーザニーズの発見など役立ちます。

どちらのケースも共通して言えることは、
ウェブのデータはウェブ以外の改善・施策にも役立つこと、
目的を持って見ないと興味本位で終わってしまうということです。

この二つは重要なポイントです。

初級ウェブ解析士認定講座http://www.web-mining.jp/pri/
アクセス解析「シビラ」http://www.sibulla.com/

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真