小坂 淳(ウェブ解析士マスター)- コラム「アマゾン的ウェブサイト・本屋的ウェブサイト1」 - 専門家プロファイル

小坂 淳
お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

小坂 淳

コサカ アツシ
( 東京都 / ウェブ解析士マスター )
株式会社環 
Q&A回答への評価:
4.4/91件
サービス:4件
Q&A:233件
コラム:1,593件
写真:3件
お気軽にお問い合わせください
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ

グループ

専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

アマゾン的ウェブサイト・本屋的ウェブサイト1

- good

ホームページを作ろう! 本屋的なホームページを作ろう! 2007-08-14 00:00

あなたのホームページは「本屋」みたいになっていますか?



本を買うとき、皆さんどうしますか?

私の場合、
・目的の本が決まっていて、買うだけの場合、アマゾンや楽天ブックス、BK1などにいって本を買います。
・目的の本が決まっていない場合、ジュンク堂などの本屋に行って、本を探します。
というような感じです。

ところで、アマゾンなどのネットショップに行くとき、
本屋に行くときというのは「本を買うとき」だけでしょうか?

本屋には多くの本がありますが、それらは仕事面・私生活面問わず、「アイディアの宝庫」。
本のタイトル、ジャンル名、いる人たちの様子などもアイディアのヒントになります。

どんな本が売れているのか?をネットで調べれば、
それも様々なアイディアのヒントです。

そういったほかの目的を含めても、
「アマゾン的」「本屋的」には明確な違いがあります。

・「アマゾン的」というのは本を買うのが目的で、
 ある程度探したいテーマが決まっているときにいくことで、
 確実に本を買いたいときに向いています。
 また、手軽でもあります。
・「本屋的」というのは目的があいまいでも
 「とりあえず行ってみよう」と言う際に行きます。
 本を探すのもアマゾンなどに比べると面倒ではありますし、
 足を運ぶ面倒さもありますが、本屋という空間自体に
 色々な満足する点があります。
プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真