小坂 淳(ウェブ解析士マスター)- コラム「ターゲット(ニッチな)にアプローチできること」 - 専門家プロファイル

小坂 淳
お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

小坂 淳

コサカ アツシ
( 東京都 / ウェブ解析士マスター )
株式会社環 
Q&A回答への評価:
4.4/91件
サービス:4件
Q&A:233件
コラム:1,593件
写真:3件
お気軽にお問い合わせください
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ

グループ

専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

ターゲット(ニッチな)にアプローチできること

- good

中小企業のウェブサイト構築 2007-08-04 19:51

ターゲット(ニッチな)にアプローチできること



中小企業・ベンチャー企業が成功するには、これはウェブに限った話ではなく、
ターゲットをオリジナルな軸で絞込み、そこにフォーカスしてビジネスを行うことです。
少し大きくなった企業でも、その組み合わせでビジネスを展開します。

少なくとも外見的には「○○会社は、△△に強みがある企業だよね」という認識ぐらいはもたれる必要があります。

そうなると、その外見が重要です。

ウェブサイトは何かに特化している外見にすべし
ということになります。

ターゲットはニッチなところを狙い、強力な競合が参入しにくいところを狙います。
参入しにくいところというのは
・お金をかければいいというところではない。
・大企業には魅力に感じない。
・中小企業だから対応できることができる。
・自社に強みがある。
という特性を持ちます。

例えば「債務整理」業界はそうです。
弊社が作成した「債務整理サイトは債務整理に特化して
ウェブサイトを構築しています。

このようなニッチな市場はウェブサイトに億単位のお金をかけても得られるものは限られていますし、
大企業には強みがなく、むしろ中小の実績のある企業に強みがあるところです。

こういう強みを活かした展開が求められます。

中小企業のホームページ作成会社
プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真