小坂 淳(ウェブ解析士マスター)- コラム「SEO に役立つキーワード(ケース事例)2」 - 専門家プロファイル

小坂 淳
お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

小坂 淳

コサカ アツシ
( 東京都 / ウェブ解析士マスター )
株式会社環 
Q&A回答への評価:
4.4/91件
サービス:4件
Q&A:233件
コラム:1,593件
写真:3件
お気軽にお問い合わせください
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ

グループ

専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

SEO に役立つキーワード(ケース事例)2

- good

アクセス解析・LPOの有効な活用方法 SEO に役立つキーワード(検証編 -ケース事例-) 2007-07-31 00:00
<例3>トップページのアクセス数は増えたが、各ページから離脱する訪問者が増えた
〔原因と改善〕
情報を確認することだけを目的とし、離脱する訪問者が多いのではないか?過剰な情報を提供するとかえって逆効果になるため、情報の見直しを行う。また、目的ページまでの動線が切れていないかを再確認する。

<例4>トップページのアクセス数は増えたが、マイナー・キーワードでのアクセスが増えた
〔原因と改善〕
検索キーワードは実に多様である。マイナー・キーワードにも注目すべき。検索エンジンから検索されたマイナー・キーワードが、運営するサイトの内容と関係がなければ、訪問者とのニーズが合っていない。そのため、SEO の効果(目的達成)は見込みが薄い。逆に、関係のあるキーワードは、サイト改善に積極的に取り込むべき。

<例5>トップページからの離脱数は増えたが、目的ページのアクセス数は増えている
〔原因と改善〕
目的ページへの動線が機能していれば基本的に問題はない。ページ数が増えるほどトップページの離脱率は増加しやすい。これは、ページ数が増えることで、訪問者の求める情報が見えづらくなるためである。そのため、トップページの情報整理と動線の再確認が必要。

<例6>トップページからの離脱数が増え、目的ページの離脱数も増えている
〔原因と改善〕
根本的な問題がないか、Web サイト全体を再チェック。ちょっとした使い勝手の悪さが訪問者の離脱を招くこともある。


続く

アクセス解析「シビラ」
プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真