小坂 淳(ウェブ解析士マスター)- コラム「効果検証における目標設定(活用編)2」 - 専門家プロファイル

小坂 淳
お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

小坂 淳

コサカ アツシ
( 東京都 / ウェブ解析士マスター )
株式会社環 
Q&A回答への評価:
4.4/91件
サービス:4件
Q&A:233件
コラム:1,593件
写真:3件
お気軽にお問い合わせください
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ

グループ

専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

効果検証における目標設定(活用編)2

- good

アクセス解析・LPOの有効な活用方法 効果検証における目標設定 2007-07-20 00:00

Web サイトにおける目標設定とアクセス解析の活用(続き)



まずは、1)である。この部分はアクセス解析の「流入元」や「入口ページ」で確認できる。この部分が問題の場合、絶対数である母数を増やすこと、プロモーションの強化が必要である。SEO や SEM などの効果を確認し、強化していくと良い。
次に、2)の訪問者を繋ぎとめる方法、つまり、お客様候補になってもらうための施策を考える。この場合は、関心を起こさせるためのコンテンツの強化、つまり、アクセス解析で Web サイト内の「動線」「経路」を見ていくとよい。

問題としては、「コンテンツのあるページに辿り着いていない」「辿り着いたけれどその後の行動に繋がらない」といったケースが考えられる。

その場合、コンテンツのあるページへのリンクを目立たせる、「サンプル提供」といったユーザーの関心を集めるサービスを行うといった様々な施策が考えられる。

このように、最終的な目的を達成するためには、道筋となるユーザー行動を想定した上で目標を設定した上で「サイトを運営→問題を発見→改善」といった流れを作ることが大切である。
目標設定は、Web サイトによって様々である。まずは、自身で運営される Web サイト訪問者の目的達成までの行動パターンを想定して目標設定を行ってみてはいかがだろうか。

アクセス解析から得られるデータが、いつもよりも有効なデータと感じることが出来るだろう。
プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真