小坂 淳(ウェブ解析士マスター)- コラム「2軸で考えるウェブのアクセス解析」 - 専門家プロファイル

小坂 淳
お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

小坂 淳

コサカ アツシ
( 東京都 / ウェブ解析士マスター )
株式会社環 
Q&A回答への評価:
4.4/91件
サービス:4件
Q&A:233件
コラム:1,593件
写真:3件
お気軽にお問い合わせください
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ

グループ

専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

2軸で考えるウェブのアクセス解析

- good

アクセス解析の重要性 クライアントの満足度を高めるアクセス解析の使い方 2010-06-28 14:59

環の小坂です。

ホームページのアクセス解析ですが、「時系列」と「媒体」の2軸の考えがあり、

これらのクロス集計(実際にはさらに細かく見ていきますが)で効果測定や課題発見・改善施策立案実行などを行います。
 
■ユーザの流れ
webサイトの効果測定には「二軸」の考え方があります。
・一つは「露出」→「流入」→「直帰」→「回遊」→「コンバージョン」の流れです。
検索エンジンなどに露出し、そこからwebサイトに流入する。
そして最初のページで直帰せず、webサイト内を回遊し、
最終的に注文・問い合わせなどの問い合わせにつながるという流れになります。
それぞれの中で「離脱」が起きます。「露出」を増やし、「離脱」を減らすことで、「コンバージョン」につなげます。
そのステップにおいて効果を測定していく考えです。
■媒体の分析
・二つ目は「媒体」の考え方です。
媒体には「流入経路」と「受け入れ口」の二つがあります。
流入経路はyahoo/googleなどの検索エンジンやそこに表示されるキーワード広告、
ポータルサイトにおける記事や広告、自社で発行するメルマガなどです。
自社のwebサイトに人を集めるための経路です。
受け入れ口において代表的なのは自社のwebサイトです。
しかしそれだけではありません。SNSやブログ、twitterなどを運営し、
そこにユーザを囲い込むという方法もあります。メルマガも受け入れ口です。
 
この二つの軸からwebサイトの効果測定は必要になります。
プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真