小坂 淳(ウェブ解析士マスター)- コラム「ウェブマーケティングのフレームワーク」 - 専門家プロファイル

小坂 淳
お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

小坂 淳

コサカ アツシ
( 東京都 / ウェブ解析士マスター )
株式会社環 
Q&A回答への評価:
4.4/91件
サービス:4件
Q&A:233件
コラム:1,593件
写真:3件
お気軽にお問い合わせください
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ

グループ

専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

ウェブマーケティングのフレームワーク

- good

アクセス解析 初心者のためのアクセス解析講座 2010-06-10 20:53

環の小坂です。

ウェブマーケティングのフレームワークについて聞かれることがあります。
縦と横の流れがあります。

・縦のフレームワーク
縦としては
「AISCEAS」というのがあります。

注目→関心→検索→比較→検討→行動→共有
というものです。
 
私も一時期これをよく使っていましたが、実際に行動におこそうとか
検証しようと思うと若干使いにくいです。
 
そこで最近使うのが下記です。
露出→流入→直帰(遷移)→回遊(離脱)→興味→コンバージョン
 
つまり、
・検索エンジン結果や広告、twitter、ブログなど様々な方法での露出
・そこから実際サイトへのアクセス(流入)
・そこで1ページ離脱するかどうか
・他のページへの回遊
・問い合わせページ・購入ページへの移動
・最終的に問い合わせ・購入完結
という流れです。
 
これらを少しずつ効果上昇させるだけで、ウェブの威力は大きく高まります。
 
・横のフレームワーク
上記にあげた各ステップにおいても横のフレームワークがあります。
 
露出であれば、PR・広告・ブログ(これを何といえばいいか)
流入であれば、知っていて訪れたユーザか、たまたま迷い込んだユーザか
直帰は直帰と遷移
という感じです。
 
ウェブマーケティングは新しい手法なので、こういった考えが確立しているとは言い難いですが、
ある程度パターンは出来てきており、このフレームワークを理解することが
アクセス解析も使ったウェブの改善につながります。
プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真