小坂 淳(ウェブ解析士マスター)- コラム「ホームページで示す「見た目」「人柄」」 - 専門家プロファイル

小坂 淳
お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

小坂 淳

コサカ アツシ
( 東京都 / ウェブ解析士マスター )
株式会社環 
Q&A回答への評価:
4.4/91件
サービス:4件
Q&A:233件
コラム:1,593件
写真:3件
お気軽にお問い合わせください
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ

グループ

専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

ホームページで示す「見た目」「人柄」

- good

ホームページを作ろう! ホームページを作る際に必要なもの 2009-11-04 17:54

ホームページで示す「見た目」「人柄」



環の小坂です。

交流会などで人と会う時。
名刺交換をします。
名刺は会社を表し、名刺をお互い持って紹介しあうことで更に理解が深まります。

商談時はどうでしょうか?
お互いの特徴やサービスの話をした上で、色々な提案やヒアリングに入っていきます。
この際に差別化ポイントを含め、特徴を理解してもらえているとスムーズに話が進みます。

看板・店員などその会社・お店のを表すものは数多くあります。

ホームページもその中の一つです。

皆さんのホームページを見る人は何故みるのでしょうか?

検索エンジンでヒットしたり、紹介されたりなど何らかの経路を経て、
御社のホームページにたどり着きます。
そして、まず、第一印象で自らの目的の物があるか判断します。

それは
・イメージのこともあります。
・ナビゲーションのこともあります。
・ニュースなど様々なコンテンツ(情報)のこともあります。

そして、自らの目的が達成できそうだと思ったら、回遊し、
思わなければ去っていきます。

さらに回遊していく中で、その会社の特徴を掴んで共感を得られれば
購入・問い合わせ・メモリ(お気に入りに登録するなど)などの行動に移ります。


第一印象が「見た目」ならその後の回遊で「人柄」とでも言うのでしょうか?

この二つを伝えたいイメージや実態と合っているかどうかが重要です。
求職者もサイトを見ますし、サービスを選ぼうという方もサイトを見ます。
うまく伝えられていないと、本来イメージが合うユーザが逃げてしまいますし、
問い合わせなどのアクションをしたユーザとは合わないというミスマッチがおきます。

注意点として、ホームページは「八方美人ではいけない」ということがあります。
誰にでも見た目がよく、人柄がいいと誰からも「本命視」されません。

一部の方からは「極端に言えば嫌われても」、自社と合うユーザを
しっかり囲うそれが重要です。

その判別には下記の指標が役立ちます。
・直帰率:これが高いと第一印象がミスマッチ
・平均ページ閲覧数やポイントにおいているページの離脱率:
 これが良くないと「人柄」でミスマッチがおきています。

皆さんのサイトはいかがでしょうか?

ホームページ作成・アクセス解析
プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真