小坂 淳(ウェブ解析士マスター)- コラム「鉄道から学ぶホームページの作り方6:最後に」 - 専門家プロファイル

小坂 淳
お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

小坂 淳

コサカ アツシ
( 東京都 / ウェブ解析士マスター )
株式会社環 
Q&A回答への評価:
4.4/91件
サービス:4件
Q&A:233件
コラム:1,593件
写真:3件
お気軽にお問い合わせください
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ

グループ

専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

鉄道から学ぶホームページの作り方6:最後に

- good

ホームページを作ろう! 鉄道から学ぶホームページ作成方法 2007-05-07 00:00

鉄道から学ぶホームページの作り方6:最後に



鉄道には他にも色々な工夫があります。
例えば迂回路。
東京方面から秋田に向かう場合、最近では盛岡経由で秋田新幹線が一般的です。
が、もしこの秋田新幹線が止まってしまったら。
北上から北上線でもいけますし、早めにわかれば、
福島から山形新幹線経由でもいけます。

ホームページも同様で、たとえ一度迷っても、
目的地にたどり着けるようなサイト設計が必要ですし、
やり直しが聞くことが重要です。

最近オールFLASHのサイトを見ますが、これはその点では最悪で、
戻るボタンを押すとだいぶ前の画面(たいていはトップページに)に戻ってしまい、
進むボタンを押しても進めなくなったりします。

戻るボタンが使えない設計はユーザに前に進むことしか許さない仕組みで、
もしそのような仕組みにする場合はページの中に「戻る」リンクを作るなどの
回避策をとらないといけません。

時刻表を読むと様々なことがわかります。
皆様のサイトも時刻表並に(?)わかりやすい便利なサイト構築を心がけて下さい。

ウェブサイト制作に関するお問い合わせはお気軽にお願いします。

http://www.kan-net.com/?allabout
プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真