小坂 淳(ウェブ解析士マスター)- コラム「「日本の広告費」by電通 2016を見て」 - 専門家プロファイル

小坂 淳
お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

小坂 淳

コサカ アツシ
( 東京都 / ウェブ解析士マスター )
株式会社環 
Q&A回答への評価:
4.4/91件
サービス:4件
Q&A:233件
コラム:1,593件
写真:3件
お気軽にお問い合わせください
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ

グループ

専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

「日本の広告費」by電通 2016を見て

- good

便利なIT情報 インターネット・ホームページ何でもデータ 2017-02-23 15:39

みなさま、

あけましておめでとうございます。もう2月下旬ですが。

環の小坂です。


2016年の「日本の広告費」が電通より発表されました。

2016年日本の広告費


過去にこの専門家プロファイルでも2度コラムで取り上げています。

電通の発表:冷える広告市場の中で伸びているもの (2010年投稿)

電通2011年「日本の広告費」を見て:運用の重要性 (2012年投稿)


改めて読んでみると、大きな傾向は変わっていません。

(スマフォやアプリ関係の変化はありますが)


特徴的なところを引用します。

----以下引用----

スマートフォンが引き続き伸長し、モバイルシフトが進むことで、PCポータル系やアドネットワーク型が減少傾向に。

位置情報だけでなく、過去の滞在情報を元にしたプランニング案件が増加している。

動画広告の制作が大きく伸び、ひとつの柱として確立された。

制作種別では、モバイル制作が縮小傾向。スマートフォンの普及から、モバイルサイトをPCサイトと並行しながら制作する企業が増えてきている。

----以上引用----


動画といえば、Jリーグの放映権をDAZNが獲得し、1年前にはスポナビライブもスタートし、

動画でのスポーツ中継が浸透する年に2017年がなると思っています。


この中でテレビ広告はさらに減少し、広告に依存しないメディアが増えれば、さらに大きな変化が起きそうです。


2/23現在、まだ詳細なデータが公開されていないので、それを入手したら補足しようと思います。




プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真