小坂 淳(ウェブ解析士マスター)- コラム「Google先生は生身の人間と思うのがいい。」 - 専門家プロファイル

小坂 淳
お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

小坂 淳

コサカ アツシ
( 東京都 / ウェブ解析士マスター )
株式会社環 
Q&A回答への評価:
4.4/91件
サービス:4件
Q&A:233件
コラム:1,593件
写真:3件
お気軽にお問い合わせください
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ

グループ

専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

Google先生は生身の人間と思うのがいい。

- good

SEO・SEM 2016-11-07 09:32


だいぶ寒くなってきました。

10月完全にコラムサボっていました。

反省しています。環の小坂です。


一ついい記事があったので紹介します。

1文字○円で書いてもらった記事をGoogleが評価しない理由。今や熱意のある文章を書けることが、最強のSEO対策になりつつあります。


Googleを「生身の人間(頭の回転めちゃ早くて、記憶容量抜群)」と思うのが、Google先生と仲良くなれる秘訣です。


つまり、小手先のテクニックは通用しません。

人が声色や顔色なども見て判断するように、熱意がないとばれてしまいます。

熱意ほど文章に出やすいものはありません。


自身のビジネスをしっかりしていているお抱えライターに依頼するのはいいとしても、

1記事数百円程度で依頼してもいいものはできません。


そもそもですが、「自分で記事を全く書く気がないウェブ担当者(及び関係者)」の

熱意のなさはGoogleにもユーザにもバレバレです。


ウェブ担当者は進行管理や企画、売上などの目標からのKPIの立案などが必須のスキルと思いますが、

それ以上に熱意が大切です。


そこを安易にお金(しかも安く)で解決しようとしないでください。


もう一つ良記事の紹介。

悪徳SEO業者に騙され続けるWeb担当者


Googleは生き物と思って付き合うことが大切です。



弊社はSEO専門会社ではないので、SEOのプロではないですが、
B2BウェブマーケティングにおけるSEOについてまとめた資料がありますので、
興味ある方いましたら下記よりダウンロードお願いします。

B2Bウェブマーケティングレシピ(SEO編)


プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真