小坂 淳(ウェブ解析士マスター)- コラム「【顧客のイメージを落としていますか?】」 - 専門家プロファイル

小坂 淳
お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

小坂 淳

コサカ アツシ
( 東京都 / ウェブ解析士マスター )
株式会社環 
Q&A回答への評価:
4.4/91件
サービス:4件
Q&A:233件
コラム:1,593件
写真:3件
お気軽にお問い合わせください
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ

グループ

専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

【顧客のイメージを落としていますか?】

- good

ウェブアナリストの視点 ウェブ担当者に役立つウェブ解析スキルとは? 2013-05-23 11:00

 

前回でユーザの行動を定義しましたが、そのユーザ(顧客)のイメージを作るのが次です。

企業であれば、業種や立地等もそうですし、担当者の職種や特徴(何を重視しているか等)もあります。
個人であれば、性別・年齢・働き方・特徴・興味関心事項・居住場所・年収・キャリア等があります。

ペルソナという手法がありますが、「理想のユーザ像はどうなんだろう」ということを考えてください。

その上で、前回書いたような流れに当てはめて、ユーザを広げながら、
どんなことに興味を持っているか、持ってもらうかということを考えてください。

そうすると、
・ウェブ上に必要な要素(役割や態度変容イメージも合わせて)
・ウェブ上でうまくいった場合に変化が起こる指標
が決まります。

ウェブは生き物で、状況に応じてどんどん変化をつけられますが、
大事なのは解析をしながら、コンテンツを充実させたり、
要素の取捨選択(ナビに何を入れるか等)をしていくことです。

これらは、外部(広告代理店や制作会社等)の仕事ではなく、
内部の仕事です。

ウェブは多くのユーザが色々な状況で訪れるという性格もありますし、
自ら選んで来ているという性格上、いわゆる広告(電車広告等)とは異なります。

ですから、
・社外のスーパーなライターが作った文章
よりも
・社内の顧客のことや商品・サービスを熟知したスタッフが書いた普通の文章(with高い更新頻度)
の方が効果的です。

そして、そのコンテンツ(文章や写真等)を作成するための道しるべになるのが
顧客のイメージから来る行動予測とそれを計測するウェブ解析です。

ウェブで成功している会社は多くありますが、
共通点は「いい広告代理店や制作会社に依頼している」ではありません。
それも1つの要素ですが、一番は「社内の人が意欲を持ってウェブに向き合っている」ことです。

SEOやSEMではインハウスの時代と言われていますが、
ウェブマーケティング全般がそうです。

余談ですが、内部でしっかりやる効果として「他責に出来ない」ということもあります。
失敗したときに「あの会社がこう言ったからやったんです」ではなく、
営業が数字で評価されるのと同じように
「部署もしくは個人の評価」として、実施するということが大事です。

でも、そんなこと言っても、そんなこと出来ないというウェブ担当者の方が多いです。

そういう方は外部をうまく活用していけばいいのですが、
そういう場合にでも社内スタッフとして理解が必要なのは「ウェブ解析」です。

ウェブ解析を基礎から学ぶウェブ解析士認定講座:

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真