小坂 淳(ウェブ解析士マスター)- コラム「GoogleAnalyticsでのカスタムキャンペーンの活用法」 - 専門家プロファイル

小坂 淳
お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

小坂 淳

コサカ アツシ
( 東京都 / ウェブ解析士マスター )
株式会社環 
Q&A回答への評価:
4.4/91件
サービス:4件
Q&A:233件
コラム:1,593件
写真:3件
お気軽にお問い合わせください
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ

グループ

専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

GoogleAnalyticsでのカスタムキャンペーンの活用法

- good

ウェブアナリストの視点 もしもウェブ解析を学んだら 2013-05-17 20:50

ペンギン予告が出ていますね。

今度はスパムリンクを駆除すると自信満々なグーグル。

さて、いたちごっこにもなりがちなSEO会社との戦いはどうなるんでしょうね。

楽しみです。

※よく誤解されるのですが、弊社はSEO会社ではありませぬ。

 

ちゃんと今年は毎週BIGとTOTOを買っている小坂です。

 

今日はGoogleAnalyticsのカスタムキャンペーンの活用法の話です。

カスタムキャンペーンを使うと、GoogleAnalytcis(以下GA)で、

設定したパラメータを元に、要素分解して、プロモーションの効果等を

図りやすくなります。

カスタムキャンペーン用URLの生成については下記ツールを使うと便利です。

https://support.google.com/analytics/answer/1033867?hl=ja

 

※いっぱいカスタムキャンペーン付きURLを作りたい場合は、

 このツールを使わずに、エクセルとかで各キャンペーン名と

 URLを作成し、そこからなんらかの方法で置換する方が楽かもしれません。

 例えば、CSVに落として、「,」を、「utm_source」とかに置換するとか。

 

カスタムキャンペーンはパラメータの一種ですが、

これを使うとどう便利かというと、複数のパラメータの中で、

どのような傾向があるかを把握しやすいということがあります。

 

例えば、3つの媒体それぞれに3つの遡及ポイントで広告を出したとします。

そうすると、

utm_source=google&utm_medium=CPC&utm_campaign=即日配送
のような感じでパラメータが付きます。

その場合にGAで見ると、媒体ではどれが効果があったのか?キャンペーン内容ではどれが良かったかがわかるので、

「じゃあ次新規媒体で広告を打つ場合に、Aという遡及ポイントで広告を打つといいのかな?」とわかってきます。

そして実施後、さらに計測すると、色々なことが分かってきます。

 

5つのパラメータ種別ごとに、クリック数やコンバージョン数、直帰率等の指標がわかれば、どの要素でどんな違いが出たかがわかるということです。

 

重要だと思うのは「utm_campaign」ですね。

 

実際に配信した内容を解析しやすく設定し、

効果的にプロモーションの意味づけを図ることが出来ます。

リスティング広告なんかでも活用できます。

注意点として、パラメータですから、ユーザからも丸見えですので、

見られてもいいような設定にしましょうね。

 

ところで、「シビラ」でもカスタムキャンペーンを取りこんで、

各要素ごと(組み合わせを含む)でPVやCV数、それらの個別経路等を見ることが出来ます。

ですので、Aというキャンペーンで来た人はどういう動きをするのかな?とか、

どの要素が大きな差を産むのか等を簡単に分析できます。

機能の詳細は下記をご覧ください。

http://www.sibulla.com/version_up/campaign_analytics/

 

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真