小坂 淳(ウェブ解析士マスター)- コラム「ネット選挙時代のウェブ解析のポイント4」 - 専門家プロファイル

小坂 淳
お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

小坂 淳

コサカ アツシ
( 東京都 / ウェブ解析士マスター )
株式会社環 
Q&A回答への評価:
4.4/91件
サービス:4件
Q&A:233件
コラム:1,593件
写真:3件
お気軽にお問い合わせください
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ

グループ

専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

ネット選挙時代のウェブ解析のポイント4

- good

選挙とホームページ作成について ネット選挙時代のウェブサイト 2013-03-31 09:00

官公庁はどんな風にウェブ解析を活用しているんですかね。

ユーザがどの辺に興味を持っているかとか、

どこでつまづいているかとかですかね。

役所のサイトを頻繁に訪れる人は少ないと思いますが、

そういう人が役所のサイトに行くときは必要に迫られてが多いと思います。

私だと、場所の確認や、書式ダウンロードや助成金等の内容確認とかですね。

手続きで見る人は多いでしょうね。

ということは、官公庁のサイトはコアなユーザの声よりも、

そうではないユーザの声を聴く必要があるというのが、

通常の企業とは違うところですかね。

 

前置きが長くなりましたが、ウェブ解析マニアの小坂です。

 

このコラムの4回目は、政治家にとって、

ウェブサイトやSNS・ブログにおいて、大事なのは、

ユーザが何に関心があるかということではないかということです。

 

特に投票行動を決める際には、

各有権者が重視してるポイントにおいて、

その政治家の考えや過去の行動がどれだけ自身と合致しているか

というところは重要でしょう。

そうなると、政策のページでどこを見ているかということですね。

 

また、実績や国会での活動報告、人となりを知るブログを重視しているかもしれませんし、

活動予定をチェックしている人が多いかもしれません。

 

この辺の情報がわかるのがウェブ解析です。

 

ネット選挙において、もっとも大切なのがウェブ解析であるということは

ご理解いただけましたでしょうか?

 

次回からはfacebookやtwitter、ブログの活用方法について

書いていきます。

 

ウェブ解析ツール:シビラ:http://www.sibulla.com/

ウェブ解析を学ぶなら今でしょ!:ウェブ解析士認定講座:http://www.web-mining.jp/

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真