小坂 淳(ウェブ解析士マスター)- コラム「日本の広告費2012年版が届きました。」 - 専門家プロファイル

小坂 淳
お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

小坂 淳

コサカ アツシ
( 東京都 / ウェブ解析士マスター )
株式会社環 
Q&A回答への評価:
4.4/91件
サービス:4件
Q&A:233件
コラム:1,593件
写真:3件
お気軽にお問い合わせください
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ

グループ

専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

日本の広告費2012年版が届きました。

- good

便利なIT情報 インターネット・ホームページ何でもデータ 2013-03-28 22:37


毎年電通が出している「日本の広告費」の2012年版が届きました。

毎年役立つデータありがとうございます。

昨年は5年ぶりに広告費が上昇に転じたというのが大きなトピックですね。

 

皆さん、こんにちは。ウェブ解析共和国の小坂です。


読んでいて、要約というか参考になりそうな部分を紹介します。

・まず広告費総額は約5兆9千億円だそうです。
 2009年の水準に戻ったようですが、リーマンショック以降の落ち込みからようやく回復した感じですね。

・媒体別にはマスコミ4媒体も五輪効果かラジオを除き上昇に転じたようです。(震災からの反動もあるでしょう)
 インターネットは7.7%増と大きな伸びみたいですね。

・伸び率が大きかったのは自動車だそうです。

・インターネット広告は約8680億円で、媒体費が約6600億円、広告制作費が2051億円だそうで、
 製作費が2年連続で伸び率が1割超えたのが特徴です。
 それまでは制作費は伸びが鈍化していましたが、媒体だけではなく、
 どういうクリエイティブや表現をするかが問われていると言えるでしょう。

・広告媒体費のうち、運用型広告が約3400億円と大きいです。
 検索連動型広告などが含まれますが、アドエクスチェンジ等も含まれています。
 アドエクスチェンジ、SSP、DSP、アドネットワーク等の用語が報告書には出てきます。
 ウェブ解析士の講座でもこの辺が今回から強化されていますが、今後注目ですね。


詳細は実際に日本の広告費をご覧いただければと思いますが、
運用の重要性が高まっていることが2011年に引き続いての傾向で、
そのためにはウェブ解析が必要で、
ウェブ解析士の出番ではないかと思っています。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真