鬼沢 健士(弁護士)- Q&A回答「裁判をおすすめします。」 - 専門家プロファイル

鬼沢 健士
詐欺サイトと日々、戦う弁護士です。

鬼沢 健士

オニザワ タケシ
( 茨城県 / 弁護士 )
じょうばん法律事務所 
サービス:1件
Q&A:72件
コラム:4件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
0297-77-5301
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

ゴルフ会員権の預託金返還のご相談です。

マネー 借金・債務整理 2015/03/01 09:31

諸事情があり、18年ほど保有した会員権を手放したいので、会則に基づき脱会及び預託金の返還を求めたところ、会員課担当者から口頭にて以下の回答がありました。

「会則上は返還しないといけないのですが、経営が苦しいので返還は難しいです。他の申し出の方にも同じ説明をしています。」

それは会則上おかしい、として明確な回答が欲しいと強く出ると、
「私の一存では決められないので、上席に相談するので一週間の猶予が欲しい」とのこと。
どんな回答になろうとも書面での回答を求める、として今回は終話しています。

このようなケース、法的にはどうなるのでしょうか?事例なども交えてアドバイス頂けたら幸いです。
仮に全額が無理にしても、「落としどころ」を見出したいと考えております

ちなみに預託金は80万円で、会則に基づくと56万返還されることになります。
以下、預託金返還に関わる会則条項の抜粋です。

【第6条】
入会預かり金は会員資格保証金として会社に預託し、保証金証書の保持者が入会について承認取得による場合は、名義書換についてそれぞれ理事会の承認を得た日より満15ヵ年据置き、利子は付けない。新規名義変更した者は如何なる理由があろうとも、上記通りの据置き期間を経過後、請求あり次第取締役会及び理事会の承認を得て入会申込金、建設協力金として保証金証書額面の各々30%相当額を差引返還するものとする。
但し、天災地変その他やむを得ざる事情(世情の経済混乱、大きな低迷等)があっ
た場合は、取締役会及び理事会の決議により返還期日の延長が出来る。


ちなみに上記会則は、平成24年3月に改正が行われていますが、会員への書面での告知などが行われた記憶がありませんので、一方的な会則変更となります。

gxm46261さん ( 千葉県 / 男性 / 50歳 )

裁判をおすすめします。

2015/03/01 11:32
( 5 .0)

同様の案件を多数あつかったことがあります。

本当に経営不振であることもあり得ますが、
多くのケースで裁判を提起した人から優先的に返すという取り扱いでした。

つまり、本当は返すお金があるけども、
強い手段に出られるまでは値切ったり、猶予を求めたりするのです。

法的に言えば、預けたお金は全額返されるべきです。
預貯金と同じですよ。

目指すところは全額です。
ただ、裁判なしで全額は難しいと思います。
これまでの経験に基づく助言なので、相手によっては対応が異なる場合がございます。

弁護士をつけなくても可能な裁判だとは思いますが、
難しいと感じるようであれば弁護士をご利用ください。
弁護士費用については、弁護士によって異なるのが現状です。
個別に問い合わせる必要があります。
訴訟としては難しくありませんから、ほとんどどんな弁護士でも大丈夫ですよ。

評価・お礼

gxm46261 さん

2015/03/01 16:31

ご回答ありがとうございます!かなり自信が持てました。

プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム