岩川 昌樹(ファイナンシャルプランナー)- Q&A回答「為替手数料は米ドルの約9倍くらいかも・・・・」 - 専門家プロファイル

岩川 昌樹
「本当に必要な資産運用」。家族のことのように考え、提案します

岩川 昌樹

イワカワ マサキ
( 千葉県 / ファイナンシャルプランナー )
FPブレーン株式会社 長期投資専門FP
Q&A回答への評価:
4.5/151件
サービス:1件
Q&A:326件
コラム:62件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
043-306-5800
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

外国債券を勧められていますが

マネー 投資相談 2012/06/26 16:40

現在、持っているトレジャリーポンド(アメリカ債権)が300万円ほど、こちらはプラスが若干でています。後かなり昔に買ったアジアの株投信50万、世界投信50万、こちらはかなりのマイナスです。

これらを売却して、豪ドル、トルコリラへの債権投資へ変更を勧められています。

売却して 投資しなおした方が良いでしょうか?

日本は低金利の為、外国債券を買おうと思うのですが投資先(国)がどちらが良いか分かりません。

宜しくお願いいたします。

ハニービーさん ( 三重県 / 女性 / 42歳 )

岩川 昌樹 専門家

岩川 昌樹
ファイナンシャルプランナー

- good

為替手数料は米ドルの約9倍くらいかも・・・・

2012/07/02 09:44

はじめまして、FPの岩川です。

現在ご指摘の通り、トレジャリーポンド(米国国債)は、安定資産を求めた金が集まり、かなり過熱している状態です。
私のお客様でも、1年前に購入した米国ストリップ債などは、130%前後まで上昇しており、一部は売却しています。

さて、比較的解りやすいため、トルコリラ債券の為替手数料を例にあげます。

参考までに米ドルと比較します。


1トルコリラ 44円 為替手数料 2円50銭 (手数料率にすると5.68%)
1米ドル   79円 為替手数料 50銭    (手数料率にすると0.63%)

手数料は、米ドルの9倍です。

仮に10%を超える債券でも、1年目は為替手数料を差し引くだけで、受取り金利は実質半分の計算です。
トルコリラ債券は2年など短期がほとんどです。
つまり、売却時も同じ手数料が取られるので、実際の表示金利よりかなり低い受取りになります。

さらに、米ドルなどと異なり、為替の変動も大きいため、目論見と逆方向(円高)に動けば、元本割れとなります。

つまり、今回の見直しは、目的が大きく異なるので、良く把握することです。

ローリスクローリターンが目的なのか?
ハイリスクハイリターンが目的なのか?

何を望むのか?が問題です。

現在、米国債券の金利は史上最低を更新しているので、価格は上昇しています。
次に乗り換える商品のリスクとリターンを見極めてから売却することが宜しいかと思います。

ご不明な点があれば、気軽にご質問下さい。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム