石井 府中(歯科医師)- コラム「自費診療のセラミックと保険診療の材質の違い」 - 専門家プロファイル

石井 府中
ミス・ユニバース公認。白い歯で美しい笑顔をプロデュース

石井 府中

イシイ フチュウ
( 歯科医師 )
審美歯科ドクター
Q&A回答への評価:
4.5/2件
サービス:0件
Q&A:19件
コラム:432件
写真:3件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

自費診療のセラミックと保険診療の材質の違い

- good

セラミック治療について 2009-05-07 12:00
■自費診療と保険診療では、治療に使用する材料(材質)が違います■

自費診療で使用するセラミックは水分を吸収しないので、変色せず、ご自身の歯(生活歯)により近くお色や形を復元することが可能です。
その為、差し歯が入っているとは分かりづらく、とても自然な仕上がりになります。
生活歯とほぼ変わらない強度をもっています。

一方、保険診療で使われる白い差し歯はプラスチックを含む材質のため、水分を吸収してしまい1〜2年経つと変色してきます。また、セラミックほどの強度がないため、形も変形してきます。


審美歯科 ホワイトニング セラミック 恵比寿・新宿
ホワイトホワイト
カウンセリング は 無料 で行っております。
お気軽にご相談下さい。
0120-469-701

カテゴリ 「セラミック治療について」のコラム

口元の印象は歯で決まる。(2017/01/19 19:01)

キャンペーン実施中です。(2016/11/23 15:11)

ブライダルに向けて(2014/05/20 18:05)

治療の順番(2008/10/19 17:10)

奥歯のつめもの(2008/10/13 15:10)

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム写真